オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』03.「デスマーチからはじまる恋愛事情」

 「主人公がチート級の強さを手に入れる」ライトノベル・ファンタジー形式に、上手く説得力を持たせた(そりゃ無理はあるけど)第一話で引き込まれ、街での生活を描く第二話も楽しく見たが……
三話目でちょっと失速気味。
 やたら食べてばかりの単調な街中案内に、時間を費やす意味はあったかなあ?
 まじない師少女の染み抜き、原因を作った子供とチームなのは分かるけど、「料金が高い」「金だけ取って結局失敗」などというイベント性もないんじゃ、彼女の再登場まで(まさかこれきりじゃないよね?)存在を覚えていられなそうな薄さ。
 魔法を覚えて行水を楽にしたいというサトゥーの言葉に、「あはははは」で、もう笑い涙が溢れているゼナの、パターンで流しすぎている演出、違和感。
 今回は、全体に工夫の無い演出と、危険な水準に近づく作画が散見され、厳しい。

 前回、中心に据えられた宿屋少女は今回登場もせず、ゼナがメインの話かと思えば後半は獣人奴隷少女三人ばかりで、はぐれたゼナを心配もしない(彼女は兵隊仲間と一緒に居るらしい、とはいえ)。
 サトゥーのチート能力を全開……とまでいかずとも多少解放しておけば、「警戒しつつゆっくり通路を進む」なんて必要も無いのでは?
この緊急事態に、以前危ない所を助けた頼りない(ように見える)ゼナに対し、早く駆けつけなければ!という気持ちにならない?
壮絶な戦闘力強化が可能、とはいえ、戦いそのものに不慣れなサトゥーとしては、敵と出会うことそのものへの恐怖があるのかな。
 一度リザに剣を持たせながら、突然槍を作って渡し直すサトゥーに??
剣より槍の方が戦いに有利だからか、と思えば、リザの戦闘スキルに「槍」があるのね、見返して気がついた。
サトゥーが何かする度に出る「スキル獲得・上昇」の表示、文字が小さすぎて読めないのもギャグだと思っていたが、こういう意味のあるところはキチンと見せるべきじゃなかろうか。
 急に現れるモンスターのセリフ、エフェクトのためかとにかく聞き取りづらく……どうせ大したこと言ってないんだろうから何度も聞き返して理解するほどのことでもないや、という気分にさせられ、画面クオリティー低下のためただでさえ下がり気味の没入度、大幅低下。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<『ダーリン・イン・ザ・フランキス』03.「戦う人形」 | HOME | 『キリングバイツ』02.「やっばい惚れちゃいそう」>>

この記事のコメント

ネットでは昨年の夏に放送してた「異世界はスマートフォンとともに。」の事を『スマホ太郎』。
そしてこの「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」の事を『デスマ次郎』と呼ばれてるとかどうとか。
確かに1、2話まではまだ興味を引く感じだったのが肝心な3話で完全に失速。
前回、宿の娘が町案内してるのにも係わらず、今回もAパートを使って同じ様に町の散策。
ここら辺を重複させる必要性を感じ無い。
一緒に回るとか、片方をカットすべきだった。
魔族の露見時にも主人公は戦うとかせずに、ただ奴隷と状況を見てるのも・・・
展開が少しのんびりし過ぎて退屈。
2018-01-27 Sat 22:16 | URL | u12 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |