オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『ラーメン大好き小泉さん』最終12話.「名古屋」「再会」

 キャラの作画的に少々怪しいところがありつつも、ラーメン関連には気合いを入れてあったので、問題なし。
 「見ているとラーメンが食べたくなるアニメ」に出来ており、シリーズ放送中、食生活での麺類依存度が大分上がってしまったぐらい。
 ラーメンを食べるや、「ぱあっ!」と上気したイイ表情を見せる小泉が可笑しい。
あんな見目麗しいリアクションを取れる訳はないけれど、ちょっとマネしてみたい気分に。
 麺をすすり込む「ずぞぞっ」という音。
声優さん、本当に何かを口に入れているのか、演技力のみで「食べている」と感じさせているのか、ちょっと気になる。

 小泉の凄さが、ラーメンへの愛というより、段々とフードファイト的な大食い能力の発現に傾いており、可笑しい。
 やる気の無いラーメン屋が作る明確に不味いラーメンを食べた際、小泉がどういう反応を示すのか、見てみたかった。
海原雄山風に怒り、自ら(あるいは他者の調理をもって)手本を示す?
それとも、これはこれで美味しい、と言うのか……
不味い店舗を察知する超嗅覚を備えているため、そういう目には遭わないのかな。
 小泉に対する異常なまでの愛と、意外なぐらい高い料理の腕前を併せ持つ悠も、面白いキャラ。
将来的には、広範囲な知識を持つ小泉と組んで、ラーメン屋を開くと良いんじゃなかろうか。
カウンターに彼女を常時座らせておけば、美麗な外見と豪快な食べっぷりで、立派な広告塔になってくれそうだし……その姿を眺めていられるだけで悠は幸せだろう。

 見ていてお腹が空く、楽しいアニメだった。
 続きがまた映像化されると良いなあ。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<映画『不屈の男 アンブロークン』 | HOME | 『ゆるキャン』最終12話.「ふじさんとゆるキャンガール」>>

この記事のコメント

>>麺をすすり込む「ずぞぞっ」という音。
声優さん、本当に何かを口に入れているのか、演技力のみで「食べている」と感じさせているのか、ちょっと気になる。

あれは自身の二の腕を使って音を出してますw
エロアニメやエロゲーでのフ〇ラシーンの音声も同じ技法で行ってます。
食べ物系アニメはあまり面白いと思った事は無かったが、小泉さんだけは周囲のキャラクター性にも助けられ、最後まで面白く見る事が出来た。
2018-04-03 Tue 22:13 | URL | u12 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |