FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』最終12話.「デスマーチからはじまる異(世)界旅情」

 ストーリーに一区切り付いた訳ではなく、危機的状況や強敵の登場により次シーズンに期待を繋ぐ工夫などもないまま、実に何となく終わってしまった。
まあ、このアニメらしいと言えば言える。
 主人公にチート能力を付加するため、レベルが高い敵軍団に使用回数が限定されるスペシャル攻撃を見舞い、上限に達するまでの経験値を得る、という物語スタートには感心したけれど、その後は、転生最強ハーレムライトノベルのパターンをゆる~く、テンポも遅くなぞるばかりで、うーん。
 一応はピンチに陥ったりするものの、無制限なほどある能力値を、必要なところにチョイと割り振るだけでアッサリ解決できてしまうため、凄いとか気持ち良いと感じる前に「もっと早くそうしろよ」。

 ハーレムは決して嫌いじゃないが、描き分けも薄いまま大量の美少女を出しているだけ、に見えるのは難点。
ホムンクルス美少女集団がパーティーに加わろうとした際には、現状でさえ上手く扱えていないのにまだこんなに増やすのか!と、驚いてしまった……一人を残し「始末」してくれて安心したけれど。
 現実世界の記憶を持つ設定に、ほとんど意味を持たせてないアリサ。
この秘密をネタに有利なポジションを取ろうとするとか、少女に見えるが内面は大人でありサトゥーに対し人間関係や社会組織への対応について助言を行うなど、もうちょっと「らしい」描き方がありそうな。

 『異世界スマホ』に続き、俺ツエーでもって緊張感ゼロ、ストレスフリーで何となく眺められるアニメだった。
 作画に崩れが見られたのは残念、そこもまた『スマホ』と同様に感じられるところ。
 ちょっと間を置いて第二期が始まったなら、他の異世界無双ライトノベルと記憶がゴッチャになってしまいそう。
多分、それでも鑑賞には支障ないのだろうが。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<『ゲゲゲの鬼太郎 第6シリーズ』01.「妖怪が目覚めた日」 | HOME | 『ポプテピピック』最終12話.「THE AGE OF POP TEAM EPIC」>>

この記事のコメント

>>現実世界の記憶を持つ設定に、ほとんど意味を持たせてないアリサ。

ここだけ補足。
アリサは現実世界での経験値から王国をまとめたが、それが神の怒りの触れてあの様な理不尽な身へと落とされてます。
それを知ってるので、むやみやたらと能力を使う事をセーブしているのです。

しかし、監督は本当にこの作品にタッチしてたのだろうかと最後まで疑心しか無かった。
大沼心らしい演出もほとんど見られないで終わった。
シルバーリンクはアニメーターへの賃金未払いとか何かにつけダークな噂もあり、何か変な感じ。
2018-04-03 Tue 22:02 | URL | u12 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。