オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『キスダム -ENGAGE planet-』13.「明暗」

 ヴァルダの口癖に設定した、主人公を評価(否定)する際 多用する「失格」という言葉を、自分の料理の腕前について彼女に不安そうな佇まいで「(私は)失格か?」と尋ねさせることで、人間味の演出に使う、ネタの転がし方は なかなか上手い。

 何となく、主人公が元所属していたチームの存在意義について説明が加えられた。
そんなに意外な真相でなく、隠すほどでもないから ぼちぼち説明しておこうというのだろうが、全く必然性の無いシーンで語られてしまうため、無理を感じてしまう。
 せめて、元隊員の問い掛けに応える、という流れに出来なかったのかなあ。

 破滅に瀕している街に加え、一緒に旅してきた女の子達まで見捨てていく、シュウ。
怒りや憎しみがそれだけの動機としてある、という事だとしても、助けが入らなければ女性陣は死んでいたはずで、ちょっと描き方に疑問。
 正義の味方であれとは言わないけど、弱っている人達や仲間、恋人の妹の命すら構わない、というのでは、狂態を晒すかつて属していた隊のメンバー達と変わらず。
感情移入の対象にはなり辛い。

 主要キャラ二人に「シュウ」という名前を使っている事について、不思議に思ってきたが、ああ、ほとんど記憶を失ってしまった?由乃の心に触るキーワードとして使うつもりなのかな。
 彼女に(主人公と取り違えられ)「シュウ」と呼ばれる度、嬉しさと、まるで満たされない気持ちの間で揺れ続ける もう一人の「シュウ」、という持って行き方にするのなら、設定も活きるかと。
 いや、実際にはどうなるのか分からないけど。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『機神大戦ギガンティック・フォーミュラ』13.「動機」 | HOME | 締め切り>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。