オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『ひそねとまそたん』01.「正気の沙汰ではないんです」

 樋口真嗣・岡田麿里が原案・総監督・シリーズ構成を務める、オリジナル企画。
 タイトルからは内容がサッパリ分からないけど、ファンタジー・ミリタリー・コメディー?
 とにかく作画が美しく、単純化された独特なキャラクター達を元気に動かしており、それだけでもう嬉しくなってしまう。
 可愛いキャラであるヒロインの中に毒舌、トボけたデザインのドラゴンは戦闘機に変形(偽装?)。
ちょっと見ると子供向けアニメか、と思わせる画面に、本来似合わないテイストを入れることで意外性を獲得、大人の鑑賞に耐えてしまう、作りが上手いなあ。

 水中から現れる異形の巨体、機械的外装を纏っているが中身は生物、選ばれて液体まみれの体内に入るパイロット、主人公への反感を隠さない「小学生ヤンキー」ライバル……『エヴァ』的なエレメントが各所に(『エヴァ』コンプレックスを持つのは自分)。
『エヴァ』が大きく当たった要因でもある「綾波」成分が無いけれど、それは無表情で何考えてるか分からない、まそたんが担う?いや、まだ女性パイロットは複数出てくるのか。
 冒頭にあった「日常の自衛隊事務仕事を行っているヒロイン」のイメージも割合良くて、このままドラゴン要素を除き「訓練に明け暮れたり戦ったりする姿ではない、『イラク日報』に記されたような人間としての自衛官」を見せる手もあったかなあ。
『パトレイバー』みたいになりそう。
 クライマックス、戦闘機へと変わるドラゴン、作画的感動が凄くてトリハダ。
 スタッフ・絵的クオリティー・内容への期待……どれをとっても、見続けないという選択肢は無い。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<『鹿楓堂よついろ日和』02.「お茶屋の秘密」 | HOME | 『Butlers〜千年百年物語〜』01.「運命の時」>>

この記事のコメント

面白いのは面白いんだが、先行きが見えなくて少しだけストレス。

ってか、あんな特定外来生物を自衛隊だけが一任されて管理するとか日本じゃあり得ないw
管轄的には厚生労働相辺りとか、神社仏閣等の神格的意味あいからなら文科省(神社本庁?)もしゃしゃり出て来るだろうw
そもそも4体もいる竜を今の今まで隠し通せるとかも、日本の穴だらけな守秘性からも絶対に国民にバレるw
なぜ日本にだけ4体も竜がいるのか(もしかしたら、他国にも存在するのか)?
居た場合、軍事国やら独裁国家なら確実にその竜を使っての軍事行動に発展するのは目に見えてるが、そう言う話は今の所聞かない。
矢張り、日本にしかいないのか?
5話ではあの掴み所の無い事務次官は竜の目的を知ってる風な感じだったが、竜にその目的を達成させた場合はどんな恩恵が受けられるのか?
Dパイ≒巫女と言う事なら、何らかの神格的な物でも授けられるのだろうか?
あまりオカルト寄りにならないで貰いたい物だが・・・
2018-05-14 Mon 23:00 | URL | u12 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |