FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『音楽少女』01.「100億人に一人のアイドル」

 キャラクターソング企画を元にしたアニメ。
既に、『アニメミライ2015』の一作品として劇場公開されたアニメ版が存在する、らしい。
 アイドルとなる少女達の魅力を前面に押し出すべき内容、だろうに、1話目から作画クオリティが低め。
 空港内でアイドルのコンテストを行い、応募者ゼロのため搭乗客から誰か徴用しよう、という謎状況。
「帰国したばかりで世情に疎いヒロインが、アイドルグループのライブに感動し、加入する」シチュエイションが必要だったものと思われるが、空港から自宅に向かうタクシーでライブ会場前を通りかかり、飛び出した娘を追って親も会場内へ、ぐらいならほとんど手間など掛からなかったのでは。
と思ったら、実際にこの作品のイベントが空港内で行われたらしく、その関係?(2015年3月27日参照
 「いけはし」を「いけばし」と呼び間違える……「いばらぎ→いばらき」「やまざき→やまさき」ぐらいなら分かるけど、あんまり、あるある間違いではなく、キャラを印象づけるにも弱い。
 アイドルをモンスターと勘違いしているヒロイン、とか、全体に無駄なムリがありすぎ、話に乗れない。

 ヒロインは天才的な踊りのセンスを持ちながら、音痴、とする落とし方は楽しい。
「音痴」というにはまだ十分矯正可能と思え、チョイ前の実在アイドルなんか、これ以下の歌ド下手がフツーに居たものだけど。
 厳しく歌のレッスンをしつつ、今はまるで人気がないグループが上り詰めていく様子を描いていくのかな。
 アイドル物として、かなり後発となる割に、ここが特別・ここだけは他作品に負けてないアピールが薄く、シリーズ最後まで見てもらうためには、ここから相当な努力が必要かと。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<『百錬の覇王と聖約の戦乙女』01.「盃の誓い」 | HOME | 『はたらく細胞』01.「肺炎球菌」>>

この記事のコメント

このまま主人公は脇役で行くんだろうか?
もしもそうなら、かなり珍しいタイプのアイドルアニメだ。
ってかこのプロダクション、次から次へと割と基本的な事がダメダメで大丈夫だろうかw
2018-07-29 Sun 21:20 | URL | u12 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |