FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』02.「運命の舞台」

 ミュージカル舞台、漫画、アニメのメディアミックス企画。
 舞台女優を目指す、宝塚養成学校のような所に通う少女達の物語。
学んでいる内容はアイドル修業とほぼ重なり、切磋琢磨しつつ仲が良いヒロインらのドラマは、『アイカツ!』『IDOLM@STER』『ラブライブ!』そのまま。
 ヒロインと親友だった少女の加入により、関係に波乱が起きつつ、少女達は舞台で輝く日を目指していく。
 数多いレギュラーキャラクターは、まだ見分けの付かない少女らも居るけれど、スポットを当てられたキャラについては個性がハッキリと付けられており、ヒロインとの関係性も明確。
 作画も良いし、派生アイドルアニメとして、まず問題の無いスタート。

 ……と思うよねフツー。
 一話後半で怒濤の展開、イキナリ作品カラーが激変してしまう。
 「変身」シーンの分かったような分からないようなギミック、リアルというより舞台演出のような(設定から、舞台を感じさせて当然だけど)バトル、意味不明のキリン、大見得のセリフ、どうにも『少女革命ウテナ』を始めとする幾原 邦彦ワールドに迷い込んでしまった気分。
 監督の古川 知宏は、『輪るピングドラム』でコンテ、『ユリ熊嵐』では副監督を務めていることから、影響がある……演出方法を我が物としていて当然?
 幾原監督作品は、日常生活部分でもどこか華麗であり浮き世離れしていたが、この作品は普段をアイドルアニメ的リアリティーに抑えているため、少女バトルロイヤル物へとジャンルを変える瞬間の驚きが凄い。
 殺し合いに見えつつも、肩掛けを落とさせれば決着という平和な(でも武器直撃したら死にそう、特製衣装で鉄壁のガードをしてる?)対戦。
他の子達もだけど、ぽえーとして見えるヒロインが超強いのは不思議。

 死者は勿論ケガ人も出さず、遺恨を残さない決着(ヒロイン戦のみかも)は爽やか。
 正体不明キリンの狙いは何なのか。
戦いの果てに待つものが「トラウマを吐き出して最高のチームワークを獲得した少女達の舞台スタァライト」ってだけじゃ、少々拍子抜けだと思われ、どういう展開を予定してるんだろう。
 歌・踊り・バトルが一体化する毎回のクライマックス。
とてもレベルが高く見応え十分だけど、こんなクオリティーをずっと維持できるのか。
 面白くて、ここからどうなるのか気がかり。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<『ハイスコアガール』02 | HOME | 『ロード オブ ヴァーミリオン 紅蓮の王』01.「我が命は敵に払う借金か」>>

この記事のコメント

今の所、作画だけのアニメと言う感想しか無い・・・

既に万策尽きかけてるのか、関係者がツイッターでアニメーター募集を掛けると言う
情けない状況。
キー局で落としたら、ペナルティが凄いらしいが、どうなるw
2018-07-25 Wed 23:00 | URL | u12 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |