fc2ブログ

『ちおちゃんの通学路』03.「ブラッディ・バタフライ・エフェクト(2)」「カバディック・フォー」

 前半は、アホみたいなウソを本気にしてしまった小山力也、もとい暴走族ヘッドが仲間へと事態をシリアスに説明しようとする、こういうの「共感性羞恥」というのか……見ていて、のたうつぐらい恥ずかしい話。
ダメだー、これはダメだー、作品としてどうこうではなく、見る方の内面問題としてダメだー。

 後半、「会陰」という言葉をこんなに連呼するアニメなんて、史上初だろう。
この単語自体、出産の際「会陰を切開する」とか言う以外には、あんまり使われないような。
 そのまま女性器名称を叫んでは放送コードに引っ掛かる訳で、上手い迂回路を見つけたなあ、イヤらしくないもんね。
 真面目な顔して大馬鹿カバディ部長のキャラクターと合わせ、結構笑ってしまった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ほぼやってる事が男子小学生w
1話は微妙だったが、まななが合流してからは話が動きやすくなった。

今期はちおちゃんとあそびあそばせ、邪神ちゃんと3本のギャグ枠が非常に良く出来ていて面白く見れた。
ちおちゃんは最終回のお約束のOPでSEを付ける伝統(笑)を受け継ぎ、非常に満足。
出来ればもう少し雪ちゃんの出番を増やして欲しかったが、薬も多過ぎると毒となるからこんな物で丁度良いのかw
最後にNGシーン集を持って来たのも懐かしく面白い演出。
何気にアニメだと初?
ドラマとか映画だと嘗てはよく見たが。
残念ながら原作がアニメ最終回前に終わってしまい、2期は難しくなってしまったが丁度良いのかも知れない。
ちょっと物足りないもっと見たいと思わせるくらいが、良いアニメなんだろう。
プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク