FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『あそびあそばせ』05.「悪魔的センス」他

 今のところハズレなく、一話に何回かは笑ってしまうシーンがある。
このヒット率は、なかなか凄いモノだなあ。
 苦闘が窺える『深夜!天才バカボン』にも、笑いを分けてやって欲しいぐらい。
ただ、「基本的には美少女たちが、余りにもバカなことしたり下ネタ言ったり崩れ顔になる」タイプの笑いなため、「バカボン」的世界観には合わないか……『バカボン』原作では、「ギャグキャラが突然写実的な顔になる」という逆方向のネタをよくやってたな。

 面白いので原作を先まで読もうかと思うんだけど、やっぱり展開を知らない方が意表を突かれ、楽しめるため、悩み中。
 アニメ、作画のクオリティーが落ちず、原作から丁寧に拾ってあるネタの映像化テンポも良い上、「声優さんの熱演」という漫画では不可能な加点もある訳で、良く出来たアニメ化は原作にとって諸刃の剣。
いや、「ゴミみたいなアニメを見て、原作も読む価値無しと判断」という最悪の事態と比べれば、幸せな話だが。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<『ヤマノススメ サードシーズン』06.「コーヒーってなんの味?」 | HOME | 『ちおちゃんの通学路』03.「ブラッディ・バタフライ・エフェクト(2)」「カバディック・フォー」>>

この記事のコメント

今の所、9割は面白い。
ちお通の方は、ちょっと落ちて7割くらいか。

2018-08-21 Tue 22:29 | URL | u12 #-[ 編集]
新人声優にう〇こ、う〇こ言わせるアニメw
ってか大腸菌はマジでアカン。
O-157待った無しや・・・
2018-08-27 Mon 21:57 | URL | u12 #-[ 編集]
最後まで面白く見れた。
少し破天荒気味の話もあったが、勢いで乗り切った感じ。
そのパワーの殆どを華子役の声優が出し切った。
時には金切り声で何を言ってるか解らん!ってなりそうなくらいの演技。
時には友人を断罪する悪魔の様な演技。
新人としてこれからの活躍が見もの。
そして矢張り改めて思うのは、岸誠二はギャグアニメでこそ冴えると何度目かの思いに至った。
最近の監督で岸ほどギャグアニメとの親和性の高い監督はいないのではないか?
本人は筋肉ムキムキの厳つい見た目らしいが。
ストーリーの中で2期決定なんて嘯いてたが、是非とも2期を制作して貰いたい。
2018-09-27 Thu 22:54 | URL | u12 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。