FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『やがて君になる』01.「わたしは星に届かない」

 原作漫画は単行本で一巻だけ既読。
 女子高生同士の、主に恋愛に関する感情を描き出す作品。
 女の子たちは可愛く、キレイな絵柄なので「ラブラブ・キャッキャウフフ」を予想・期待してしまうが、そういう楽園のような日常ではない。
片思いで自分の気持ちが相手に届かない、とする物語はよく見るけれど、相手から寄せられる好意に応えるような感情が湧いてこないことを、大きな葛藤とする話の作りは珍しいような。

 本当に繊細な作品で、ちょっとの無神経さでダメにしかねない。
 アニメは、まずまず不足のない、及第点の出来と思われる。
……変な解釈を含まないのは良いが、ほぼ原作のまま画面にしているので、物足りないというか「アニメならでは」の魅力は不足して感じられるけど。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『抱かれたい男1位に脅されています。』01.「芸能界は喰うか喰われるか。」 | HOME | 『火ノ丸相撲』01.「国宝・鬼丸国綱」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |