FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』01.「西暦2202年・甦れ宇宙戦艦ヤマト」

 前作は劇場で全部見たと思うが、今作はソフト化されたものを、第五章「煉獄篇」まで鑑賞。
 やりたい放題やって終わった『2199』の「負債」を、懸命に返している……誤魔化している?シリーズ。
波動砲をもう使わない約束を結び、砲口をふさぎ、デスラーをアホにしてしまったため、その続きを作ることは塗炭の苦しみだったかと思う。
 可能なら「これはオリジナルの『さらば』及び『2』のリメイクであって『2199』の続編ではない」という理屈で、無かったことにするのが最も楽。
 それを、情熱とアイディアと理屈でもって、どうにか形にした努力には、ただ感心。
デスラーを語るに足るキャラクターへと再び引き上げるための、超次元アクロバット擁護は、笑うとか呆れるではなくて、拍手したくなるぐらいのレベル。
自分なら「デスラーは頭を打って別人格になっちゃった」「半壊した体を復元するためドメルの遺体と混ぜ、その際に主人格がドメルと入れ替わった」とか、サイテーの投げ方をしたろう。

 昔ならそれで良くとも、今日的にムリがあると思われる部分への、アイディアフォローにも優れたモノが。
 僅かな期間で復興した地球、アンドロメダ含む艦隊の建造などについて、宇宙を歪めてしまうコスモリバースの設定を活かし、時間断層をデッチ上げたのは見事。
敵対関係で終わってないことから、ガミラスとの協力もあり。
 オリジナルでは活躍がしばらくない古代について、白色彗星帝国と既に開戦している、としたことで戦闘に参加させられた。
地球に向け特攻をかける巨大戦艦に対し、自艦で押し上げて軌道を変えようとする古代の機転を見せ、地球を救うヤマトの砲撃に繋げる……実に巧い。

 しかし、問題も。
 恐ろしい数のガトランティス艦隊とヤマトが対面する絶対の危機!その乗り越え方が驚くべき拍子抜け加減だったり。
 科学的な理屈に則って窮地を脱したらしいが、説明されても内容がサッパリ分からなかったり。
 反逆者として宇宙へ飛び立つヤマト、緊迫してて良いところもあるんだけど、その顛末が余りにも茶番じみていて、うーん。
 それ自体は良いシーンだったものの、第十一番惑星で「ヤマトの助けを待ち望む子供」というオリジナルでクライマックスに用いた状況を既に使ってしまい、大丈夫なの?と不安も。
 いくら時間断層があったとはいえ、地球戦艦数は多すぎじゃ……
 宇宙ホタルの話、全く必要じゃなくて、ムダ。
 といっても、オリジナルにだって変なところは多々あるからなあ。

 全体として、凄く頑張っているシリーズ。
 テンションを落とさず、キャラや物語の崩壊も起こさず、ラストまで行くことを期待したい。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<『おこしやす、ちとせちゃん』01. | HOME | 『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』01.「黄金体験(ゴールド・エクスペリエンス)」>>

この記事のコメント

ガンダム的な作り方が出来ればかなり楽になるんだろうけど(それでも歴史は歪んでるがw)。
自分としては、アンドロメダが大スクリーンで再び活躍しただけでも感動モノ。
ン十年前に作った今やボロボロになったアンドロメダのプラモを見ながら感慨深くなる・・・
2018-10-15 Mon 23:14 | URL | u12 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。