FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『からくりサーカス』01.「開幕ベル」

 原作漫画既読。
連載開始から20年以上、完結からでも12年ほど経ってるのか……ついこの間のような気がしてるのに。
 傑作だった『うしおととら』に続く長編。
なので当然見る目は厳しく、「前作には及ばない」という言葉を用意しながら読んでいたけど、これが大傑作!
笑う・泣く・ハラハラする・愕然とする、感情を激しく揺さぶられながら最後まで読み続けた覚え。
 ゾナハ病について、最初「?」と思ってしまったもの。
全く架空の病気で、他者を笑わせないと苦しくなる……って症状としてムリがありすぎるし、ウザいだけで設定として活かせるとは考えられず、無い方が良かったなあ、などと。
実はこれが、いや、原作未読の人のため書かない方が良いのかな、相当先の方でオノレの浅い読み取り方を恥じることに。
 驚くべき作り込みで、長期に渡る物語を緻密に積み上げた漫画。

 アニメ。
 単行本が見当たらないので比較は出来ないけれど、忠実な第一話じゃなかろうか。
 力の入った演出・作画により、原作ファンでも十分満足な内容。
 しろがねの声は林原めぐみ。
声優さんのレベルは全体的に上がっており、新人さんでも問題の無い演技をしてくれるが、さすがにこの人は桁違いだなあ。
強さ・弱さ、硬質さと柔らかい優しさを見事な演技で表現し、しろがねの魅力を引き出して広げている。
小山力也が上手いのは勿論。
 このアニメで、これから始めて作品に触れる人は、幸せ。
いや、命を削って描かれている原作漫画も是非読んで欲しいけど。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』01.「俺と妹がラノベ作家になった理由」 | HOME | 『ラディアン』02.「本当の勇気」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |