FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『SSSS.GRIDMAN』02.「修・復」

 1993年の特撮『電光超人グリッドマン』を原作とする、新作アニメーション。
 日本アニメ(ーター)見本市で、格好良く『電光超人グリッドマン』を見せてくれた雨宮哲が監督、ということで、期待の一本。
その気持ちは、裏切られることなく。
 TRIGGERらしいクセがありつつ、高いクオリティーの画面作り。
 巨大怪獣が「歴史に残るほどのデザインではないし、さして凝った作りでもない(可動箇所はひどく少ない)着ぐるみ」として意図的に描かれているのが、面白い。
なのに凄まじい攻撃力を持ち、容赦なく町を破壊し人を殺す、このギャップにゾワゾワっとする。
 完全ではないけれど、特撮画面を念頭に演出が成されていて、楽しい。
 グリッドマンの登場、バトル、決着まで、迫力と説得力とムチャクチャさがあり、ヒーロー物として見応えあり。
嬉しい言い方かは分からないけど……「庵野秀明が『ウルトラマン』を撮ったら、こんな感じなんじゃないの」と思わせる。

 ただ、ストーリーは少々ゴチャッとした感じが。
 主人公を記憶喪失にする必要は、あったのかなあ?
二話に到り、普通に生活して会話して授業にも差し障りなさそうなど、持て余してるような。
 記憶を失って倒れていたところを助けられた六花の店、そこの自作?PCでのみグリッドマンと対話・変身が出来る、という設定(スマホに置き換えそうな所 を、わざわざ)とも絡み、「ああ、だからこうなっていたのか!」と謎解きしてみせる驚きの展開が待っているのだろう……きっと。
 街への大きな被害、大勢の死者を出した怪獣との戦い。
しかし、翌日には街は元通りになり、死者は「とうに亡くなっていた」扱いに歴史が改編されている。
この辺も謎。
 グリッドマンはまだしも、剣に変身?する兄ちゃんがまた不思議。
 実はこの世界は仮想現実であり、グリッドマンら超常の存在こそが「現実」に存在し、外部から、データとなった人類を救うべく・皆殺しにし人類という存在を抹消すべく、コンタクトを取ってきている。
とかいうと『ゼーガペイン』っぽいか。

 これだけ気合いの入った画面で、巨大ヒーロー物を見られるシアワセ。
 最後まで楽しみに見続けたい。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『RELEASE THE SPYCE』02.「第1の挑戦」 | HOME | 『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』02.「ジャンヌという少女」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |