FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『SSSS.GRIDMAN』最終12話.「覚醒」

 ほとんどの謎について、投げ出したり思わせぶりに(劇場版へ?)逃げたりせずキッチリ片を付け、引きこもり?少女が外の世界へと回帰する物語として、照れず感動的に締めくくったのは良かった。
 ただ……原典『グリッドマン』実写シリーズをほぼ見ておらず、基本設定の理解さえ出来ていないため、どうやら実写シリーズの続編あるいはスピンオフとしての性格を持つこのアニメについて、分かり易い・全て分かった、とは個人的に言い難く。
「ウルトラマン」ほどのメジャータイトルではないからこそ、自由にやらせてもらえたのがこの作品の強みであり、誰でも知っている原作ではなく周知の設定でもない、というのが弱みでもある。
 逆に、今『グリッドマン』を見たなら、「あー、アニメでやってたこと、使ってたワザはこれか!」と楽しめるかも。

 「涼宮ハルヒ」ライクな、世界の神であるアカネ。
その友達として作られた六花は、その役割を大きく越える「独立した個人」としての行動が欲しかったかなあ、アカネにビンタして「大嫌い!」と言うとか。
そうでないと、アカネを失った世界が健全に存続していくとは思えなくなってしまう。
いや、アンチやアノシラスといった想定外の存在は居るのだし、神なき世界をどうにか維持していくのかな。
 「エヴァンゲリオン」以降、を感じさせる展開や演出に、次世代の正しい進化を期待したけれど、「突然流れる唱歌」「実写映像」など、乗り越えるのではなくオマージュ、並ぶことをゴールと考えるような部分が見られたのは惜しい。
そもそもが完全オリジナル企画ではなく、『グリッドマン』だということもあるのか……実写映像は特撮シリーズと繋げる意図が強いのだろうし。
 作画レベルは最後まで非常に高く、巨大アクションに迫力とカタルシスが溢れ、引っ張っていく物語の作りも上手い、毎週楽しみなアニメだった。
 続編は、このオチからすると難しそう。
 次は、防衛組織の有り様やU40設定を突き詰めて『ザ・ウルトラマン』、あるいはシリアスを貫き通す『マイティジャック』、恐ろしく強いヒーローが凶悪な怪獣を無感動に倒していく『ワンパンマン』テイストの『レッドマン』など、アニメ化を期待したい。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<『ウルトラマンR/B』最終25話.「朝日のあたる家」 | HOME | 『でびどる!』最終12話.「新しいMAP」>>

この記事のコメント

>>ただ……原典『グリッドマン』実写シリーズをほぼ見ておらず、基本設定の理解さえ出来ていないため、どうやら実写シリーズの続編あるいはスピンオフとしての性格を持つこのアニメについて、分かり易い・全て分かった、とは個人的に言い難く。

ほぼ同意ですが、これはYouTubeでリアルタイムで限定配信されていたサブストーリーを聞いてれば補完出来たらしいです・・・

>>そうでないと、アカネを失った世界が健全に存続していくとは思えなくなってしまう。

本来ならあの世界ではアカネを知ってる人間(?)は、全員アカネに対して好意を持つ様になってます。
が、唯一アカネに靡かなかった(六花が好きだった)裕太がいるので問題無いかと。

>>続編は、このオチからすると難しそう。

監督の雨宮は円盤さえ売れれば2期をやる気満々ですw


>>次は、防衛組織の有り様やU40設定を突き詰めて『ザ・ウルトラマン』、あるいはシリアスを貫き通す『マイティジャック』、恐ろしく強いヒーローが凶悪な怪獣を無感動に倒していく『ワンパンマン』テイストの『レッドマン』など、アニメ化を期待したい。

ネットフリックス限定でIGが3Dアニメーションで『ULTRAMAN』としてアニメ化しますよ。
PVを見た限りは・・・
アニメ『ULTRAMAN』ティザーPV/ ULTRAMAN Animation teaser PV <公式HP>
ttps://anime.heros-ultraman.com/
2018-12-24 Mon 04:20 | URL | u12 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |