FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『RELEASE THE SPYCE』最終12話.「ツキカゲは永遠に」

 スパイ……というより、少女達による正義の忍者、『キングスマン』的活動を描いたアニメも最終回。
 ヒロインらの中に裏切り者が居ることは、ずっと引っ張られてきた伏線だけれども、その正体は余りにも意外すぎるため「どう見てもお芝居」だとしか。
そうでなければ「ギリギリで成り立っている作品構造の崩壊も構わず、視聴者を驚かせたかった」制作者の、リスクが大きすぎる賭け。
 非情なスパイの実情、なんて描いてきてない訳で、百合百合楽しいクラブ活動的な世界観を、ラストに来て台無しにするとはちょっと考えられず。
結果は……ですよねー。

 悪の組織が企む、非効率的な最終計画。
しかし、顔のある悪側キャラがほぼ壊滅した状態での決戦なため、いっそ「頑張れモウリョウ」と応援したくなるぐらい。
 モウリョウ幹部を斬り、直接殺したのではないものの転落死を見過ごすモモ。
命は助けて罪を償わせても良かったろうが、この辺がまあ、次世代師匠となるべき成長の証しか。
 ツッコミ所は山ほどあるシリーズ。
それでも、極端に馬鹿馬鹿しくはせず、要所を(多少)締める構成に出来ていたと思う。
 基本的にレベルの高い作画だけど、ハッキリ分かるほど崩れる回があったのは残念。
 労作。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『愛玩怪獣 大暴れスペシャル』 | HOME | 映画『戦狼 ウルフ・オブ・ウォー』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |