FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『ケムリクサ』01.

 事前情報を全く仕入れないまま見てしまったけど、『けものフレンズ』のたつき監督・制作ヤオヨロズによる新作アニメなのね。
「話題の」「待望の」「件の」といった言葉を付けて紹介しても良いのか。
 一話は、特に前半部分がかなり入り込みづらく、水が貴重な廃墟の世界で変な敵と戦う少女達、というぐらい理解していれば構わないのだろうが、少々不親切。
 事前に配信で自主制作アニメ版が公開されていたようなので、そちらを見ていること前提?
 しかし後半、人間の?男子が登場し、誤解と対立と融和の「儀式」を行い、一気に分かり易くなる。
ここから始めて、何も知らない男子の視点を通し、水の重要性や少女達の特異さを見せていった方が良かったような。

 男子、とてもイイ子だってことだろうけど、殺されかけてる状況下で、命をかけて加害少女を助けようとするのはさすがに不可解。
聖者並みの自己犠牲精神。
もう少し行動の理由を描かないと、「ストーリーの都合」ばかり強く感じられてしまう。
 そんな彼を見て頬を赤らめる少女は、普通ならドキドキ恋の始まりって演出だけれど、さすがに唐突すぎと思え、何か別の意味も重ねてある?
 全体に、キャラの言動や能力表現など、作り込んだ設定から来ているのだろうことは分かるが、興味を持たせるにはちょっと突き放した表現過ぎ。

 CGクオリティーは、前作と同レベル。
なので、これまで不満のなかった人には問題ないだろう。
 『けものフレンズ』は、侮って本放送時視聴せず、「凄いよ、見た目のファンシーさとは別次元の真相・ハードな設定にビックリするよ」と言われてから身構えて見始めたため、本来の企図を受け取れず。
 だから今作はリアルタイムで見た方が良いんだろうけど、「謎」があることさえ感じさせなかった『けものフレンズ』の導入部とは意図的に変えて、「謎がありますよ、驚く展開がありますよ」と最初から開かす作りなので、それをも覆すモノは用意できているのかどうか。
 もうちょっと見ての判断で。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<『バーチャルさんはみている』01.「バーチャルさん誕生」 | HOME | 『私に天使が舞い降りた!』01.「もにょっとした気持ち」>>

この記事のコメント

>事前に配信で自主制作アニメ版が公開されていたようなので、そちらを見ていること前提?
同人アニメの内容は大体TV版のたたき台になっている物でなので
TVでわからないものは同人版見ていてもわからないですね。

けものフレンズの1話も一見IQ低そうなゆるい感じに見せかけて
実際には謎も伏線も複数張り巡らされていましたし
個人的にはたつき監督の作風はあの頃と変わってないなぁって感想ですね。
ただし今作はけもフレと違って明確に不穏な空気を漂わしている作風なので
見る人を選ぶとは思いますが。
2019-01-16 Wed 03:58 | URL | とおりすがりG #D7C9eBPU[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |