FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『ガーリー・エアフォース』01.「紅い翼」

 原作ライトノベル未読。
 人類に敵対し、空を占拠する異形の飛行戦闘物体。
未知のテクノロジーによるその敵と戦えるのは、飛行少女機のみ!
 …どうして少女は足に戦闘機を履いて飛ばないの?というぐらい既視感のある設定と敵ビジュアル。
 しかし、こちらは肝心のキャラクター作画が一話目から冴えず、残念。
代わりに3DCGによる高速ドッグファイトを、かなり頑張っていたけれど。

 アバンと本編で、場所・状況・時間が飛びすぎていて戸惑う。
 キスから始まるボーイ・ミーツ・ガールのストーリー、悪くないんだけど、しっかりインパクトを演出できていないせいもあり、印象弱い。
 主人公らが乗っていた船を、わざわざ中国からの避難船団に設定した意味は?
一瞬、中国資本によるアニメかと。
「自衛隊パイロットを志望する少年が主人公」という設定は、中国で受けるか疑問だが。
 機密であろう戦闘機を、全体は覆えないカバーを掛けただけで一般道運搬する自衛隊。
謎の侵略者も居る世界なのだし、もうちょっと警戒しても……平和ボケしているとの皮肉?
 少年少女拉致監禁の現場、もしも誰かに見られていて通報されたら大騒ぎになると思え、もうチョイ穏当に行動できなかったモノか。
主人公を本気で怯えさせ、それを戦闘機に伝えるのが目的だった、とはいえ、これも平和ボケかなあ。
 全体に「どこかで見た内容を、水準の画面でアニメ化した」感じ。
視聴継続かは微妙……もう少し様子見。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<『約束のネバーランド』01.「121045」 | HOME | 『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』01.「未知との遭遇」>>

この記事のコメント

原作小説既読です
>主人公らが乗っていた船を、わざわざ中国からの避難船団に設定した意味は?
主人公は母親に連れられて中国に9年前に引っ越してます
その時に明華が親から頼まれて中国に不慣れな主人公の世話をやいていて、お姉さんぶっているのはそのせいです
でっ、ザイの侵攻で住んでいた街や都市が攻撃され中国の広い範囲が戦場になり日本へ逃げている途中に攻撃されてます
(途中セスナがザイに攻撃される回想が入りますが操縦者は主人公の母親で墜落し死亡しています)

テレビ的に1話から派手な戦闘とキャラ(アニマ)設定を見せる必要があったのでしょうが、
最初の部分を飛ばしているのでわかりづらかったですね
今後が不安になる1話でした
2019-01-14 Mon 00:04 | URL | nakapon #-[ 編集]
>>全体に「どこかで見た内容を、水準の画面でアニメ化した」感じ。

アルペジオ+戦闘妖精雪風+マクロスプラス
かなぁ・・・
自分が思い起こしたのは。
でも案外悪く無いと思う。

2019-01-14 Mon 00:25 | URL | u12 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |