FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『約束のネバーランド』01.「121045」

 原作漫画は「少年ジャンプ」連載を読んでいる。
 緻密に組み上げられた設定の上で、非常に賢いキャラクター達が、ギリギリの知略を尽くして自分の望む方向へと運命を導こうとする、読むのはとても面白いけれど、チラッとでも「もし自分がこのお話を作る側だったら」を考えると胃がキリキリしてくる、恐ろしい漫画。
 最初の方は米ドラマ『プリズン・ブレイク』のテイストがあるかな。
あのドラマがそうだったように、息が詰まる限定空間を抜け、広い場所に出ると緊張感が急激に失われる……と思っていたけど、現在まで、大きな謎の解明に向 かいつつも、状況が変化する度に「目標」「描くテーマ」を換え、恐怖と緩和と達成と喪失、感動まで実に巧く演出できており、目を離させない。
 頭が良く、体術に優れ、実行力があり、しかし子供らしい迷いと優しさを持つ主人公達は、とても魅力的。
他の子供たちだって可愛く、頑張っているため、「一人も欠けて欲しくない」と思わせる。
 あんまり書くと、先のネタバレになるからなあ……
 とにかく、週刊ペースで読めるのが奇跡のような、凄い漫画。

 アニメ。
 原作をしっかり読み込んであり、画面作りのクオリティーが高いのに、安心。
声のイメージも問題なく。
 ファンとしては、やっぱり漫画を読んで欲しいけど、このアニメから作品に入ったとしても面白さはしっかり受け取れるだろう。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『五等分の花嫁』01.「五等分の花嫁」 | HOME | 『ガーリー・エアフォース』01.「紅い翼」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |