fc2ブログ

『けものフレンズ2』04.「いろんなおうち」

 スッキリと何も無い話が続く。
もう四話なのにここまで何も語らない・ほのめかしさえしない(絵という小道具はあるにせよ)内容で良いのかどうか、見ているコチラが不安になってくるほど。
 一応はキュルルという、中心になって謎を抱えるキャラを設定してある訳で、このままスーッとフェイドアウトするように終わりはしないのだろうが。

 描こうとするなら、よりディープなパークの内実や人類社会壊滅の真相など、新たに設定し(設定自体は元からある?)、衝撃をもって語ることは可能なはず、だけど、どうもそんな気持ちは無いのかな。
 次々新しいフレンズを登場させ、可愛らしさで視聴者にアピールし、キャラクター商売に繋げるのが主目的?
 せっかく『アイカツ!』監督に変えたんだから、パークの養成学校で伝説のスーパーフレンズを目指し、歌に踊り、演技に崖登りに斧での伐採まで、頑張るフレンズの姿を通し、愛と夢と友情をポジティブに描く作品にすれば、全く違うシリーズだとハッキリしたろうに。

 一期は、「魅力あるフレンズによる楽しいストーリー」と見せて「考察しがいのある世界観を小出しに、クライマックスでは伏線を生かしたハードな真実が語られる」この両要素のギャップが面白さに繋がっていた。
 しかし『2』では、後者を切り捨てているように思え、年長者をメインターゲットとする深夜アニメにしては物足りない内容のまま推移している。
 逆に、元監督が手がける『ケムリクサ』では、後者に注力する余り前者方向で視聴者を引き込むパワーが足りず、「世界・キャラクターの謎、どこかでは予定 されているのだろうストーリー転換へ多量の伏線を用いての仕掛け」を、キャラやほのぼのドラマに包み込まず、素材のままドンと出されているよう感じられ る。
こうなると、考察することへの情熱やら楽しみが弱くなってしまうような……
 一期の優れた部分が、二作品に別れてしまった不幸。
 両作ともここから、欠損部を補い、魅力を伸ばしてくれると良いなあ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

>一期の優れた部分が、二作品に別れてしまった不幸。
けもフレ2は5・6話で良くも悪くも衝撃の展開が待っていると
木村監督がインタビューで答えていたそうで…悪くもって何?と思いつつ
今まで見て来て、けもフレと監督のどちらへの期待にも答えられてないというか
お互いの持ち味を潰し合っているんじゃないかとすら思うので
今後に不安しかないんですよね、個人的に

一方ケムリクサの方は毎回魅力的な新フレンズが登場みたいな要素がなくなり
けもフレ1期のような爆発力こそないですけど
他はたつき監督に求められているモノには答えてられていると思うので
それなりに安定した支持は得られているんじゃないかと

>>一期の優れた部分が、二作品に別れてしまった不幸。
 両作ともここから、欠損部を補い、魅力を伸ばしてくれると良いなあ。

1期の優れた部分と言うが、本来けもフレは日アサで放送される予定で制作側を取り掛かっていたが、枠の関係なのか解らないが深夜に回された経緯がある。
ある意味、けもフレ2は本来の視聴ターゲット向けに作られてると言っても過言では無い(放送時間以外は)。
たつきテイストはケムリクサこそが本当の形だと思う。
けもフレはあくまで吉崎観音のコンセプトなのだから・・・

私の1話時点での予想を裏切って最新5話で「かばん」が本編に登場
でもちっとも嬉しくない、これまでの積み重ねが乏しいせいか・・・
プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク