fc2ブログ

『世話やきキツネの仙狐さん』01.「存分に甘やかしてくれよう」

 原作漫画未読。
 今期癒やし系……というよりもっと進んだ、「社畜男性が狐美少女から無条件で甘やかされる様子を、主人公男性と視聴する自らを同一化させて、楽しみ癒やされんとするアニメ」。
 帰宅してドアを開けた男に、仙狐が「お帰りなのじゃ、遅くまでお仕事お疲れ様じゃ」と言うシチュエイションを三回も繰り返す演出。
それはもちろん「現状が信じられない男へ、不条理存在からの重ねた駄目押し」という意味はあるんだけど、それでも長いこのシーンが許されるのは、視聴者の求めるもの=笑顔で自分を迎えねぎらってくれる美少女、という需要供給のシアワセな関係が成り立っているから。
合わない人は、多分もうココでドロップアウトだろう。
 この辺は徹底していて、番組ラストでは「スーパー仙狐さんタイム」と銘打ち、主人公男性の姿からセリフまでカットした上で、視聴者自らが美少女に歓待される対象となり会話する「おもてなし」サービスが設定されている。
完全に男の目線で進展する一人称AVみたいな……例えが悪い?

 作画レベルは高く、絶対に必要とされる仙狐の可愛らしさ、加えて美味しそうな料理・ストレスを溜めた男の感情がよく表現されている。
 異種族コンタクトへの戸惑いや、男と世界に迫る危機の物語は、ごくごくコンパクトに、邪魔にならない程度に抑えられ、願望充足を邪魔しない。
 ヒロインが例えば「27歳OL、趣味はショッピングとアイドルの追っかけ、お互いに尊敬し合える関係が理想」なんてコトじゃ、この作品は成り立ちづらい。
そんな女性がひたすら癒やしてくれる、なんて内容、「ファンタジー過ぎる」から。
お狐様少女やエルフ、悪魔に宇宙人がすることならば現実味もあるけれど、それをリアルの女性に置き換えようだなんて、「都合のいい夢、見すぎてるんじゃないの?」

 一話で提示した、居心地の良い空間をどこまで維持できるかが勝負。
シッポは良いが、それ以上の肉体的接触は、この関係を崩して(進めて)しまう恐れがあり、難しそう。
 視聴継続。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

んー。
何だろ。自分の心が穢れてるかのバロメーターになりそうなアニメw
どうにも薄い展開がチラチラと頭に浮かんでしまって、もう純粋にアニメを見る事が出来ないんだなぁと微妙に自己嫌悪に陥るw

10話までただのゆる~い癒し系アニメだったんだが、11話、12話でブレーキが掛かった様に感じられる。
2期の予定が無いのなら、ソラの忠告は不必要だったのではないだろうか?
って言うか、オリジナルで〆ても良かった様な。
結局、アニメだけだと何に気を付けるのか解らず仕舞い。
そもそも仙狐が黙って家を空けるのが、違和感しか無かった。
話を無理やり仙狐ロストに陥らせて、主人公(と視聴者)の不安を煽る展開はよろしくない。
このアニメを見て来た層が、そう言う展開を望む訳が無いのも解らないのだろうか。

>そもそも仙狐が黙って家を空けるのが、違和感しか無かった。

これ、すれ違いが生じた理由が中野が有給を途中で切り上げて帰宅したからなんですよ
本来なら中野が留守の間に仙狐さんが用事を済ませて戻って来てる
・・・なんですが、神(視聴者)視点だと違和感とか言われてしまうんですねぇ

toぬこ
中野を見送った後、高円寺が弁当箱を返却しに来た時に、あれだけの荷物を背負って出かける状況で何か一言(ひと晩、家を空ける云々)あった方が良かった。
昔はお隣さんとかが、家を空ける時には近所に一言告げて出かけるのが一般的で、齢800歳の仙狐なら、そう言う風に言う方が自然に感じられる。
まぁ、それをやってしまったら、仙狐のプチ家出的な事件にならないから(ネタばらしになってしまうから)、そう言う風な流れにはならないだろうけどw

主人公(中野)に言及してたはずが高円寺にすりかわってるのはズルい
高円寺視点に立つなら、仙狐は天界(?)に帰るのだから、下手に何か言えないだろう
仮に聞かれても言葉を濁すだけだと思われる
それはそれで誤解される流れになるか

実は高円寺は(原作最新刊ネタバレ)だったりする
伏せなくても予想はつくでしょうけど

toななし
別に天界なんて言う必要は無い。
旦那(w)が、実家に帰ってる間に自分も実家に取りに行きたい物があるとか言えば、問題ないと思う。
別に論点ズラしはして無いと思うが?
最初から高円寺をメッセンジャーとして使えば、今回の話はこんな騒動にはならない。
スマホを置いて行ったり、不穏な空気を醸し出したりと演出が完全に視聴者の不安を煽る物だったのが事実。
最初にも言ったが、このアニメでそんな物を求めてる視聴者が幾許かでもいるのだろうか?
プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク