fc2ブログ

映画『9デイズ』

 地上波で放送された映画『9デイズ』を、今頃見る。
 監督は、どんなジャンルでも そつなくこなすジョエル・シューマカー。
クリス・ロックとアンソニー・ホプキンス主演。

 ハリソン・フォードの『6デイズ/7ナイツ』や、キューバ危機を描いた『13デイズ』、80日間世界一周の『80デイズ』等、「デイズ」の付いた似たようなタイトルがあるため既視感があり、危うく見逃すところ。
この内容なら、『替え玉大作戦』とか何とか、もっと全然違うタイトルで良かったんじゃなかろうか。

 クリス・ロックの、ヘタレでダメダメなダフ屋ながら時折鋭さと根性を見せるキャラクター造形が、実に面白い。
 彼が、スパイ訓練中 寝ていた所を叩き起こされ、マスクをした人間達に攫われてきて、待っていたアンソニー・ホプキンスに「さあ、お前を連れてきたのは誰だったか答えろ」という無茶なテストをされる。
分かる訳ないのだが…一人は胸の感触があったから女性捜査官の何々、口が臭いヤツが居たからそいつは誰々、後は、どさくさ紛れにスリ取った財布からするとナントカだな、と次々当てていく、ココは実に愉快。
 見せられた「土壇場での肝の据わり方」が、ラストでの頑張りに繋がっており、構成も上手い。

 カタブツで仕事一筋・アンソニー・ホプキンスも、面白いキャラ。
任務への情熱と、豊かな人間味(仕事からすれば人間的すぎる気も…)と、割合いい加減な性格が同居し、複雑な魅力を描き出している。
 彼が出てくるだけで画面がギュッと締まるのは、さすがだなあ。

 物語そのものは、こういうパターンの作品として驚くような所は無く、悪役にも魅力が無いけれど、とにかく対立して和解し、友情を育む二人のキャラクターの吸引力とアクション演出が良くて、時間いっぱい、引き付けられて見てしまった。
 爽快なラストシーンも気持ち良い。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク