FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『異世界チート魔術師』01.「異世界からの「迷い人」」

 原作ライトノベル未読。
 アバンはいきなりキャラ大勢による乱戦を見せられるれけど、主人公モノローグで「(戦闘中の二人は)数ヶ月前まで平凡な高校生だった」と語られるため、注目ポイントがとても分かり易い。
 主人公らが現実でどういう能力を持ち、関係を築いていたか、出現した魔方陣は主人公をターゲットとしていたことなど、セリフでの説明が親切で、誰にでも理解できる。
 しかし、特にアクションの演出が拙く、魔物馬の首にエアカッターが命中するタイミングとか、遅れすぎててちょっと辛い。
説明的にパターンで流したような画面が多いけれど、第一話から低調な作画のパワーを思えば、そこに頼った絵作りは難しいのかな。

 アッサリ異世界を受け入れ、運命を呪ったり転移の原因を突き止めようと考えず、生活していくことから考える二人は逞しいなあ。
異世界転生・転移についてはもう物語上の大前提であり、「サッカーって何なんだ」「俺は野球部で一体何をすればいいんだ」などと言い出さないように、段取り芝居は飛ばすのが当たり前か。
 男女ペアでの召喚や、タイトルと違いチート能力で転移後すぐの敵を瞬殺「しない」所など、ジャンル作品としては独自の面白さを期待できそうに思うけれど、とにかく画面クオリティ的に厳しく、視聴意欲は低め。
スポンサーサイト




アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ギヴン』01.「Boys in the Band」 | HOME | 『可愛ければ変態でも好きになってくれますか?』01.「パンツを落としたシンデレラ!?」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |