FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

映画『来る』

 衛星で放送された映画『来る』を見る。
 『下妻物語』『告白』が大好きで、『渇き。』ではバイオレンス?がコントみたいになっていて笑ってしまった、中島哲也監督作品。
原作小説『ぼぎわんが、来る』からは相当に改変されているらしい、未読。

 ホラー映画としては、心霊描写が致命的なぐらい怖くない。
自分がそういうジャンルをやたらよく見るから、ではなくて、耐性の低いヨメが見ても「怖くない」と言うぐらい。
 監督は、オカルトホラーに興味が無いんだと思う。
劇中で、登場人物から血が出たり体が欠損したり死んだりはするが、そういったシーンを自分の映像センスに落とし込むことに全力を傾け、怖く見せようとは考えていない。
 特に「死ぬ・殺す」ことに全然関心が無くて、「え?今のでもう死んだの?」と思わせるアッサリした描写、しかもそれが終わった後はポンと「何日後」とかいう風に時間を飛ばすので、余韻ゼロ。

 じゃあ怖いところは全く無かったのかというと、いや、あった。
 妻夫木聡演じる男が、いい夫であり父親になろうと考えてはいるが、関係が浅くて虚像でも通用する人達はともかく、家族に対しては全くそう有り得てなく、しかもそれに自身が気付かず・気付かないまま幸せでいようとするところ。
顧みて自分はどうなのか、独善に陥って周囲から呆れられ嫌悪されていないか……もう恐ろしくて恐ろしくてガクガク震える。
 あと、黒木華による母親が、生きていくことだけで一杯一杯になり、娘の幼稚園での問題行動について他の親に責められた際、一言も謝らず、それどころか異常とも思える言動行動を見せるところ。
最低のモンスターペアレントな行いなんだけど、その背後にある事情を見て知っている観客には、「分かる」になってしまうのが恐ろしい。
 この辺り、日常の恐怖に比べたら、何考えてるのか何したいのかサッパリ分からない霊?祟り神?なんか一欠片も怖くない。

 柴田理恵が素晴らしく良い味を出していて、感心。
 イラッとさせてくれる妻夫木聡も上手い。
 クライマックスに向けて大勢集合してくる霊能者がまとめて殺されたことを(霊感で)知り、列車移動中のオジサン達が「別れて動いた方がええかもや、誰か一人ぐらいは辿り着けるやろ」と普通に言うシーン、ムチャクチャ格好いい。
 松たか子は、霊能チートが凄すぎて大笑い。
原作は彼女ら姉妹で続けてシリーズ化されているみたいだから、そちらの映像化もして欲しい……ただ、この監督以外でこんなに上手く魅力的に撮れるかは疑問だけど。
 純粋ホラー好きにはお勧めできない、しかし「中島監督だし、素直に撮ってないんでしょ」という前提でなら一見の価値がある、変な映画。
スポンサーサイト




映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ウルトラマンタイガ』19.「雷撃を跳ね返せ!」 | HOME | 『ファンタシースターオンライン2 エピソード・オラクル』02.「不気味なナベリウス」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |