fc2ブログ

『ハクション大魔王2020』01.「出まして 来まして アクビです!の話」

 原典アニメは69年放送……もう50年以上も前なのか。
なのでリアルタイム視聴だったかは分からないけれど、再放送では見ている。
 何しろ強烈な外見、「呼ばれて飛び出てジャジャジャジャ~ン」「そうでごじゃる」「オロローン」といった印象的なセリフ回しに、アクビちゃんの可愛らしさもあって、記憶に残る作品。
 といっても、個別のストーリー的な思い出は弱く、タツノコのドタバタギャグアニメ基本パターンを確立した一本だろう、ぐらいしか。

 新作。
 魔王といえば大平透の声!だが既に亡く、では誰を?という困った時にはこの人・山寺宏一。
キャラの外見からオリジナルの声が頭に響いてしまうため、どうしてもまだ「違うなあ」だけど、当然ながら演技は抜群に上手いので、新世代の魔王としてはベストの仕上がり。
スピンオフで様々な人が声を担当しているアクビちゃんや、新キャラ扱いのカン太郎など、声に何の違和感もなく。
 現代において魔法の便利さを用いたギャグ物語はかなり作り辛いだろう、その予想というか限界を逆手に取り、「現代社会の進歩具合に魔王親娘が驚く」真反対からのストーリーにするの、巧い。
『ドラえもん』では、なかなか表に出せない視点。

 魔法効果の多くは、バーチャルリアリティ的な体験で代替できると思う。
「女の子にモテたい」「世界旅行に行きたい」「美人メイドさん一杯の大邸宅に住みたい」……全部、8Kヘッド・マウント・ディスプレイに映し出される映像で「現実」にできそう。
 3Dプリンターも、ドローンも、スマホ(劇中既出)もある今、魔王は、冷め切ったカン太郎相手にどういう活躍を見せてくれるのか。
ちょっと期待して視聴継続。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク