fc2ブログ

『啄木鳥探偵處』01.「こころよい仕事」

 原作小説未読。
 歴史的文豪を美形化して、本来の文筆業とは異質の世界に放り込み、その活躍を楽しむ、昨今流行のジャンル。
かと思ったら、原作の初出は20年以上前なのか。
 タイトルの通り、歌人の石川啄木が探偵のような活躍を見せる。
なんで啄木?
頭脳は明晰だったのだろうが、観察して推理する能力と直結するかというと……

 第一話の事件、解決には到らず、無茶なハッタリだけ示して終わってしまった。
本当にこれでオシマイじゃあんまりだから、次回以降、また警察や遺族らの依頼を受けて捜査を続ける形に?
 作品の背景となる時代の設定はしっかりできているように思われ、雰囲気が良い。
 作画もキレイで、美形青年達が美しく描けている。
 「推理」という点ではかなり物足りないスタートだったため、心を掴まれるほどではないが、まあもう少し見てから。
 いずれ、「手塚治虫がトキワ荘の仲間達と事件に挑む」「円谷英二が特撮映像トリックで犯人を追い詰める」「感性の宮崎駿と理論の高畑勲、若き二人が推理勝負」なんて作品もできるだろうか。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク