fc2ブログ

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIII』最終12話.「英雄回帰」

 全てのモンスターを脅威と考え殺そうとする大多数の者達と、敵対を避け庇護しようとするヘスティア・ファミリアの対立は、相当厳しくなるだろうと思っていたけれど、意外とそうでもなく。
 かなり高い立場の存在がベル達に理解を示しており(ベルをバックアップすることで目的を成し遂げようとしている?)、絶望的な孤軍奮闘、という訳でもなかったのがその理由か。
 最後、「男同士の戦い」があったことで、何となくベルらは許されてしまうし……モンスターに味方するヘスティア・ファミリアの問題行動は、ほとんどの人達にそうと認識されてないから?
 ファミリアに犠牲を出すほどの激しい戦いがなかった代わり、世の人々にモンスターへの理解が進むこともなく。
それはまだ、長い時間を掛けなければ無理だろうか。
現実の人間同士だって、住む国や肌の色が違えば、分かり合うことはそりゃもう困難を極めたりする訳で。

 とにかくウィーネが可愛く、守ってあげたくなる造形にできており、彼女のため茨の道を歩む主人公たちの選択にも説得力があった。
 アイズと真っ向から斬り合えるほど腕を上げているベルに驚き。
彼女との、そしてミノタウロスとのバトルは、作画的にも気合が入っており、見応え十分。
 これはまだ、四期もあるんじゃないかな。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク