fc2ブログ

『ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN』最終12話.「それでも私は守りたい」

 ウィッチ達だけでなく、常人の軍人達も総力を上げてのベルリン奪還作戦、クライマックス。
 ネウロイの攻撃に、ある程度耐える装甲を持った巨大戦車が楽しい。
この世界の軍人は、決してウィッチを軽んじることなく、しかし頼り切って楽をしようと考えることもない。
ウィッチに敬意を払って可能な限り協力し、自分たちの責務は命懸けで果たそうとする、いかにも有能な軍人然としていて、気持ちがいい。
 それでも勝敗を決定付けるのは芳佳。
もう『ドラゴンボール』悟空のように、凄すぎる力を持っているが故、「どうやってクライマックスまで全力を発揮できないシチュエイションを設定するか」考えなければならないキャラに。
 静夏の危機から、全開パワーでネウロイを蹴散らしていく、圧倒的カタルシス。
 トドメ、は他のウィッチに譲る、ストーリーの抑制もまた良し。

 全体に、毎シリーズそうなんだけど、各話で部隊のキャラクターを取り上げ、抱えたドラマやウィッチ同士の葛藤を彫り込んだ上、きっちり昇華するクライマックスにまで持っていく、とても考えられた構成。
 お馴染みの少女たちが変わらず可愛く、それを描き出す作画レベルは安定して高い。
 今期も面白かった!
 大きな戦いが一つ終わったけれど、まだまだ先は長そう。
次のシーズンもある、かな。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク