fc2ブログ

『無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜』最終11話.「子供と戦士」

 生まれ育った村から都会に出て、新たなキャラ達と出会い、可愛い女の子とも仲良くなる……までは当然のように予想されたけれど、そこでのエピソードもまだ語りきらないうちに異なる大陸へと飛ばされ、最強だが問題を抱える男と三人旅を始める、というのは予想外。
 ルイジェルドがギレーヌのような美人であれば、ハーレム構築への過程としてパターン処理できるけれど、ゴツいオジサンだし。
 この作品は非常に真面目に作られており、都合良く心地よいサービスよりも、しっかりキャラクターやストーリーを語ることこそ主眼だろう。
ルイジェルドだって、「美女」でこそないが、十分すぎるくらい魅力的で、複雑な面を持つキャラとして描かれている。

 作品開始当初は、幼児としては規格外の魔法力を持ち、大人たちをも驚かせるルーデウスに「俺ツエー」を感じていたけれど、しっかり限界が設定されており、強い・戦い慣れている大人に対しては、まだまだ容易に勝てない。
 内面はオッサンだし異世界を俯瞰で見ており、見事な戦略を立てる……が、「現実」の前に予想を覆され、敗北感に塗れることも。
 お気楽異世界転生物の、ボク一人で一国の軍隊だってラクラク壊滅させますよ、も嫌いではない。
しかし、未熟・未完成な人間として成長していこうとする主人公には、感情移入度が高くなってしまう。

 エロへの衝動に正直な面については、「自分なら高潔に行動できるか」を棚上げするなら、結構賭けの部分。
成人女性相手にはまだしも、未成年のエリス相手に、あわやまで突っ走ってしまうのは、内面の実際年齢を考えると少々ヤバイ。
 そこも「引きこもっていたダメーな人間」としてはリアルなんだけど、嫌われかねない描き方で、特に女性視聴者にはどう捉えられているのか、気になるところ。

 最後まで高品質な作画、しかもOPを潰してまでストーリーを語る回が多く、スタッフの熱量は半端じゃない。
 世界観に雑なところは感じられず、純粋にファンタジー物として、よく出来ている。
 漫画版を読むと、それでも「勿体ない・無くすると説明不足になってしまう」アニメでの省略部分が見受けられる、が、アニメだけ見ていれば気づきもしないだろう。

 物語は一段落、という段階になどなく、ここで終わるのー?
 分割2クールで制作されているらしいから、二期開幕を楽しみに待ちたい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク