fc2ブログ

『SSSS.DYNAZENON』最終12話.「託されたものって、なに?」

 10話ぐらいまで、とてもまとまるとは思えないストーリー運びだったけれど、かなり怒涛の展開で終幕。
 なんで?どうして?という疑問が結構残り、何もかもスッキリとはいかないが……
ダイナゼノンや怪獣関係を除けば、「鬱屈を抱えた若者たちの物語」としてはキレイに・青春ぽく終わっており、視点をどこに置くかで評価は変わってきそう。
 とはいえ、理屈よりもパワー優先のクライマックス。
渾身の演出と作画で盛り上げて見せてくれたことで、見終わっての満足度合いは高い。

 仲良くなれそうな予感を持たせながらも、叶わない怪獣使いと蓬達。
一人ぐらいは分かりあえて良さそうな。
 怪獣使いはテロリスト……とまで言わず、暴力行為を用いて現状変革を志す者達、か。
 彼らと同じ能力の片鱗を見せる蓬は、人間グループの中で表面的に最も穏やかで歪みが少なく思わせつつ、「そうではない」素養を秘めているのかも(夢芽を変化させることで昇華済み?)。

 エンディングで次回作タイトルが明かされており、三部作完結編となるのかな。
 今作で残った疑問点など解消する予定はあるのかどうか。
 ともあれ、楽しみに待ちたい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク