fc2ブログ

『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』最終13話.「はじまりのふたり」

 凄く良い、面白いポイントが多かった、しかし問題も同時に感じた作品。
 面白かったのは、物語の中心に怪獣やその驚異を必ずしも置かず、謎に満ちた物語を、賢いキャラクターたちが解き明かしていく過程を中心に描いたところ。
 何故?どうして?の連続に、少しずつ答えが与えられるストーリーには、どんな「ゴジラ」作品にもない楽しさを感じられた。

 立ち止まらず考え、走り続ける能動的なキャラクターたちにはそれぞれハッキリした魅力があり、怪獣物にアリガチな「無駄どころか展開の足を引っ張るばかりの人間ドラマ(親子・恋愛関係など)」と無縁だったことで、非常に見やすい。
 劇中、最も惹きつけられたのは、ペロ2とジェットジャガー。
特に「ゴジラ」シリーズでも幼稚な存在と嘲られがちなジェットジャガーを、物語上とても有効なキャラに描いてくれたのは、元々好意的に見ていた身として嬉しいところ。

 問題と感じられる部分。
 怪獣バトルに重点を置かなすぎていること。
対アンギラス戦が一番盛り上がったかなあ……後半に行くほどその傾向は顕著となり、クライマックスになるべきゴジラ決戦の物足りなさは、一応「ゴジラ」を冠している作品として残念すぎ。

 面白かった謎解きだけれど、後半SF的な暴走が感じられ、駆け足の説明に???となる部分が多かった。
そうなってくると、「分からない設定紹介にばかり長い時間かけるより怪獣戦闘に注力して欲しい」気持ちが湧き上がるのをどうしようもなく。
最近見た映画『テネット』なんかと印象が被ってくる、置いてきぼり感。
 魅力的なペロ2とジェットジャガー、とはいえ彼らばかりが頑張って真相に迫っており、人間は「お任せ」するだけ、みたいに見えてしまう。
 最終決戦で巨大化するジェットジャガーは燃えるシチュエイション、しかし元の実写版みたいな唐突さあり。
ここに、なるほど!の納得感があればなあ。

 不満は多々ありつつ、では見終わって満足感しか残らない「ゴジラ」作品が歴代何本あるかというと……
その中で、全く新しい切り口に挑み、ここまで楽しませてくれたことは称賛すべき。
 最終話のラストカットで示される存在や、毎回のエンディングで見せられる本編未登場の怪獣たちは、シーズン2があれば、ということ?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク