fc2ブログ

映画『ワールド・トレード・センター』

 WOWOWで映画『ワールド・トレード・センター』を見る。
 オリバー・ストーン監督。ニコラス・ケイジ主演。

 ほとんど情報無しで見たため、ニコラス・ケイジが救助に活躍する内容かと思っていれば、ほぼ全編 生き埋めになったままで、しかも画面が暗くて誰がやっても余り変わらない役柄……いや、そういう状況でなお存在感を誇示できるのはさすが、と言うべきなのか。
 事実を元にしている事で、純粋に映画としては説明不足な点があり、「これ誰?」というキャラクターが突然出て来たりもする。
 しかし、主人公らの安否を知らされ、一喜一憂する家族の様子は上手く描けているし、自分を犠牲にする事も厭わず目の前の命を助けようとする男達の行動は、「分かり易すぎるお涙頂戴」と揶揄も出来るけど、素直に感動的。

 ただ…舞台となっているのがテロを受けたビルだ、という事を考えると、鑑賞後感はフクザツに。
 「地震で倒壊したビルに生き埋めになった男達の話」でも、ほとんど同じ内容には出来たんじゃなかろうか。
 人間が持つ恐ろしい面が米国内においてはっきりと姿を見せたあの時、あの場所に、人間の素晴らしさもまた強く示されていた、というテーマだとすると、題材に意味はあるが。

 9.11について語るのはとても難しくて、「アメリカがひたすら可哀想だ」とも、「悪の報いだざまみろアメリカ」とも出来ない。
 この映画では、そういう部分に出来るだけ踏み込まず、事件が起きた現場の話に限定して描いてある。
それでも、そうした作り方自体が、見た者に意図や志への疑問を感じさせてしまう、それぐらい難しい題材。
 そこまで含め、見た者に賛否様々な気持ちを生じさせる、という意味で、オリバー・ストーン監督らしい映画、とは言えるのかな。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク