fc2ブログ

『見える子ちゃん』最終12話.「見える子ちゃん」

 異常な量の猫怨霊に憑かれた先生は、てっきりサイコな動物殺害犯だとばかり。
 意表を突く真相の明かし方、非常に巧みで感心。
 死んでもなお彼から離れない恐ろしい母親霊と、そういうものから逃げ続けていた劇中で初めて、面と向かって対決するみこが格好いい。
参詣以来、彼女を守ってくれている狐?の存在を前提としたもの、ではあるが、絶対的なものとは限らないし、守護の回数を使い果たすことにもなり、やはり大きな勇気と犠牲を伴う行為。
 レギュラーの男性キャラが少ないこの作品で、先生は珍しい美形キャラな訳だけど、今後も何らかの関係は続くのだろうか。

 みこは最後まで、強力な霊能力が覚醒する、などということもなく、基本的に怯えて、霊と目線を合わせないようにするばかり。
これで面白く見せてしまう作劇能力、凄い。
 どんなに強力そうで恐ろしげな悪霊でも、生きた人間へ物理的なダメージを与えることは不可能そうであり、「見えなければどうということはない」なのが、独特。
 憑かれた人間に霊障が現れるようであれば(多少はあるようだけど)、その原因を特定し、今後の生き方を指導することで、この厄介なパワーをプラスに(金銭に?)転換することも出来たろうが。

 生命力が溢れ出るハナは、楽しくて惹きつけられるキャラクター。
 ユリアやゴッドマザーなど、まだ面白く転がせそうなキャラは多く、ここで終わりは残念。
 原作漫画を読めばいいのか、でもアニメで見たいなあ。
 という訳で、二期に期待。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク