fc2ブログ

『ルパン三世 part6』11・12.「真実とワタリガラス/英国の亡霊」

 ワトソン殺害犯である黒幕。
目だけ見せていることから、すでに登場しているキャラだと想像され、そうなると対象はルパン・ホームズ・レストレード・いつか悪役に転落しそうな八咫烏・意外と自作自演でワトソン……ぐらい。
 と思っていたのに、意表を突いて、というか全然影が薄くて「そういえば居たっけ」のMI6エリオット。
 脱力する真相……だが実はレストレードこそ黒幕というか事件の実行犯だった。
で、ですよね。
ちょっと反応に困ってしまう。
 原作ホームズにも登場するキャラクターを、こんな悪役に描いちゃっていいのかなあ?
最終的に潔く身を処させたのが、せめてものフォローか。

 レイブンの秘密。
引っ張っていたポスターに価値がなく、それに替わる謎解きは???で、肩透かし感すごい。
 かつては大きな価値を持つものだったろうが、現在ではほぼ無価値、というパターンは珍しくない、その上、今期だけでもつい先日の9話「漆黒のダイヤモンド」で使っており、「また?」としか。
監督、やっぱり湊かなえに書き直しを要求するべきだったのでは。

 登場していたホームズは、名前を継承した何代目からしいけど、モリアーティは?
名前を聞いて何のリアクションもない所からすると、初代が教授と対決してない世界なの?
何となくホームズ話は終わる雰囲気の中、モリアーティを出した意味は?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク