fc2ブログ

『天才王子の赤字国家再生術』01.「そうだ、国を売ってトンズラしよう」

 原作ライトノベル未読。
 原題には入っている「そうだ、売国しよう」という文言が、アニメだと削られている。
現在、「売国」には取り扱い注意な響きが伴うため、要らない問題が起こることを恐れたものか。
 ファンタジー世界の王子が主人公だけど、特に現実界から転生したり、生まれ変わってやり直している最中ではない様子。
そうなると、その世界の常人では持ち得ない知識や感覚を備えている、という訳ではないため、自分の国を売り飛ばそうというのは、単に酷いやつ。
 ここでの売国とは、「国家や領民が被る被害など知ったことか、自分さえ良ければいい」とまでいう最悪な行為ではなく、「単独で国家形態を維持するのは難しいため、強大な帝国の一部になって安定したほうが良い」とする穏当なものなのかな。

 そう考える主人公が、どうせダメだろうと思いついた作戦や行動により、心ならずも勝利を重ねてしまう物語。
「思いつき」といっても主人公、自軍将兵の顔と名前を大量に記憶しているとか、本人の自己評価より遥かに優秀な指導者なのだろう。
 一応の作戦が立てられていた初戦に比べ、金山攻略戦を、具体的描写ゼロで勝利してしまうのは拍子抜け。
この先にもっと面白い部分があるから、ここは省略した、ということなら良いのだが。

 作画はかなり頑張っており、美少女の剣士が敵将の首を切り落とすなど、容赦のない描写はインパクト強い。
 ここからは戦略戦術政治が描かれるのか、それとも他の面白味が現れてくるのか。
 視聴継続。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

原作の1巻分を2話で消化するハイスピードな展開で、内容が相当端折られています。原作は既読で、キャスト陣は好ましく感じられ、個々の描写も悪くないと思うのですが、それだけに非常に勿体ないです。何となく数年前にアニメ化された『りゅうおうのおしごと』を思い出させるアニメ化で、『この素晴らしい世界に祝福を!』のように1巻分に4話くらいかけてじっくりアニメ化した方が、長く続けられるシリーズに発展させられる可能性が大きくなると思うのですが。

Re: タイトルなし

> キャスト陣は好ましく感じられ、個々の描写も悪くないと思うのですが、それだけに非常に勿体ないです。

 今までの所、楽しく見られています。
「結局最後は運頼みか力押し」でない描き方が、好感度高い。
 ただ、同時期に『現実主義勇者の王国再建記』を放送しており、弱った脳では内容を混乱しやすいのが難点。

> 1巻分に4話くらいかけてじっくりアニメ化した方が、長く続けられるシリーズに発展させられる可能性が大きくなると思うのですが。

 漫画をアニメ化した昔の作品のように、とにかく引き伸ばして引き伸ばしてを繰り返されるのは苦痛ですが、端折って展開を早くすれば視聴者は喜ぶ、とも限らないと思います。
 でもまあ、原作の核にあたる部分を外さず制作していると感じられるので、このアニメは良いですよ。
原作ファンの悲鳴が聞こえるようなアニメ化も数多くある中、ですから。

お返事頂きまして、有り難うございます。

>「結局最後は運頼みか力押し」でない描き方が、好感度高い。

主人公が色々と先読みをして知恵者ぶりを見せつけつつ、しばしば予想外のアクシデントが起こって軌道修正を迫られ、しかしその軌道修正が出来るだけの布石をすでに打っていたことが明らかになる、というのが原作の1つのパターンになっていますので、そのあたりをうまくアニメ化してもらえたら、と思います。アニメの放送は第3話から原作2巻の内容に入っていますが、こちらは3話分を使ったアニメ化になるようで、原作を端折る部分は少なくなっています。
 個人的には、原作既刊分の11巻を読んだばかりで結構はまっておりますので、今回のアニメ化が成功することを願っています。

Re: タイトルなし

> 主人公が色々と先読みをして知恵者ぶりを見せつけつつ、しばしば予想外のアクシデントが起こって軌道修正を迫られ、しかしその軌道修正が出来るだけの布石をすでに打っていたことが明らかになる、というのが原作の1つのパターンになっていますので

 ここは上手くできていたのではないでしょうか。
見ながら、自分ならどういう計略を立てるか考えても、「これは思いつかない」が多かったです。
 ただ、こちらの脳が弱っておりますので、人名・国名・勢力関係の整理が追いつかず、??となってしまうこともありましたが(汗)

>  今回のアニメ化が成功することを願っています。

 もっと抜群の作画と、話数の余裕があれば、とは思いますけど、成功の部類かと思われます。
 どうでしたか?

No title

お返事頂きまして、有り難うございます。

>もっと抜群の作画と、話数の余裕があれば、とは思いますけど、成功の部類かと思われます。

原作の1ファンとして、原作未読でアニメ版を成功ととらえる視聴者がいらっしゃるということは、喜ばしく感じられます。
原作既読者としては、よくもまあこれだけと感じられるほどに原作の内容を刈り込みながら、一応理路の通る形でストーリーを構成し、また各キャラクターの魅力も描き出してみせたアニメスタッフに、感謝したいと思います。原作のストックは十分にあるので、第2期を期待したいです。
プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク