fc2ブログ

『その着せ替え人形は恋をする』最終11話.「その着せ替え人形は恋をする」

 最初はてっきり「陰気で変わり者の男子が、陽気な美人の同級生と『趣味』で繋がり、振り回されていく話」かと思っていたけれど、途中からは「際どい肢体の露出などには戸惑うものの基本的に冷静な主人公に対し、べた惚れヒロインがドキドキする」様子を楽しむ内容へと変化。
 どうしてこうなった、そりゃあ冴えない(といっても外見は相当にイケメン)男子がモテモテになることは、願望充足・癒やしに感じられて心地よいけれども。

 喜多川が恋に落ちるのはともかく、その友人たちぐらいは「えっ、あんなののドコがいいの?」という反応で不思議ない。
 それをいえば、彼女のコスプレ趣味だって「やめなよ、みっともない」「オタクに写真撮られるのって気持ち悪くない?」などと否定的な言われ方しそうなものだが、確か無かったような。
 そういうことを言い出す相手とは、スパっと縁を切ってきた、その結果かな。
 もしかして彼女のバイトってパパ活的な方面だったり……などという勘ぐりも全くの杞憂、驚くぐらい健全。
まあ、視聴者であるオタクって(自分も含み)そういうケガレを容認しづらいからね。

 喜多川と似た視点を持ちつつ、独自の熱い心情を語るジュジュの登場により、物語がグッと深くなった。
コスプレは、興味深く眺めるぐらいで「理解できている」とはとても言えなかった自分だけど、作品への愛であり表現者としての行動であり、それ自体が夢でもある、という彼女の内面吐露に、ちょっとホロリ。
 その妹・心寿も面白くなりそうなキャラだが、今期だけではまだまだ不完全燃焼。

 心配された作画クオリティを、全く落とさず最後まで駆け抜けて見せたことに、驚きと感動。
 まだ見足りない気持ちが大きく、第二期を期待。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク