fc2ブログ

『ウルトラマンデッカー』01.「襲来の日」

 『ウルトラマンティガ』を継ぐコンセプトで作られた『トリガー』に続き、『ダイナ』の路線を踏襲する、今作。
 一話目は、もう「ウルトラシリーズの一話目」としか言い様のない、伝統的構成。
分かりやすくて良い、とは言えるが、不満点も。

 特にクライマックス。
 主人公・カナタが敵攻撃機に飲み込まれ?デッカーと出会うのだが。
その直前に、モブ防衛隊員が2人ほど飲み込まれており、彼らも人を守ろうと勇気を出したと思うのに、デッカーは無視?
「ある人間の勇気に心打たれたウルトラマンが融合を求めてくる(融合で救おうとする)」という、シリーズのお約束とは違う理由があるのか(ダイナもそう?)。
 敵攻撃機の中で?融合を果たすイメージが、よく分からない。
ウルトラマンがどこかから来た、ということではなく、危機に直面してカナタの中のデッカー因子が目覚めたとか。
 時間を稼ごうと命がけで攻撃を引き付けるカナタの行動を、ぼーっと眺めているGUTS-SELECTの面々。
無能と言って済ませられないダメダメさ。

 厳しいのだろう制作状況の中、特撮は今作も本当に頑張っており、見応えがある。
 ここから面白い作品になってくれることを期待して、当然のように視聴継続。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク