fc2ブログ

『アキバ冥途戦争』最終話12.「萌えの果て」

 どこが面白いのか、非常に語りづらいアニメ。
 秋葉原を舞台にメイドたちが血なまぐさい抗争を繰り広げる、というのは、もう馬鹿馬鹿しい筋立てとしか言いようがないけれど、悲惨な死に様などふざけず真面目にも描いている。
 嵐子がいかに優れたメイド(殺し屋・極道?)だとしても、武装した大勢に取り囲まれて無事な訳はないのに、スーパーヒーローのごとく切り抜けてしまう。
この辺はまあ、『仁義なき…』というよりも、義理と人情が通れば無敵になる任侠物に近いのか。

 メイド喫茶を「組」になぞらえているのは分かるが、殺されそうな危機に何度も見舞われながらも、足抜けしようとさえしないのは、不可解。
 萌えと陰惨な抗争殺戮、という水と油な二者を無理やり混ぜ合わせようとするところが起点となっている作品だろうけど、今どちらの角度から見れば良いのか視聴者に混乱させてしまう部分が多々あり、そのゴチャゴチャぶりすら楽しませるには制作者の理解度や提示方法が透徹していないよう、感じられた。

 とはいえ、嵐子は非常に魅力的なヒロインに描けており、それだけでも見続けるに足る程。
 店長・パンダまで含み、キャラクター達の個性豊かな活躍は、十分な見どころだった。
 もっと内容を絞り込んでから作れば、ずっと見応えある作品になったかも……いや、このカオスさにこそ価値がある?
 「未見の人にあらすじを語って聞かせても、実在したとは容易に信じてもらえないアニメ」として、いずれ伝説になったり。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク