fc2ブログ

『聖者無双〜サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道〜』01.「治癒士ギルド」

 原作ライトノベル未読。
 現実で不慮の死を遂げた主人公が、ボーナスポイントなど与えられて異世界に転生する、まずまず基本に忠実なスタート。
 拳銃を持って逃げる不審な男、撃たれ出血しながらも男を追う警官、周辺には多数の通行人、というシチュエイションなのだから、主人公に何かしら称賛されるべき行動があっても。
事態にさえ気づかないまま流れ弾で死亡、じゃあ、転生を司る存在に救われる価値が分からない。
 「神にも予定外な死のため、お詫びの意味で転生させた」もアリだし、理由が全く不明な作品すら珍しくないか。
 一時期は、ニートが交通事故で、というのが多かったけれど、最近、ブラックな職場で過労死パターンをよく見る。
そういう事例が、もう身近に感じられるから?
 主人公職場も同様だとばかり思って見ていた、しかし営業成功をみんなで喜んでくれるみたいだから、違うのかな?

 主人公が、自分の町の名を知らないと言うと受付嬢、今いる町の名を知らないと知られると女性騎士から、実に嫌な顔をされた。
世界設定と関わりがあるのかもしれないが、そんな顔しなくても。
第一話だというのに、時間を取って描いた女性二人が「嫌な感じ」と受け取られて良いのかな。
 宿屋で主人公が一人、本を読んで治癒魔法を覚えていくプロセスも、誰かを救いたい!といった切迫感がないため、ダラダラしている。
今回ラストで治癒能力を試すことになる、このイベントは、一話中盤ぐらいで終わらせて(成功でも失敗でも)良いのでは。

 問題なく見られる画面で、女性キャラには気合が入っている。
 初回に掴まれる部分がなかったため不安、もう少し見てから。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク