fc2ブログ

『ひきこまり吸血姫の悶々』02.「下剋上、勃発」

 原作ライトノベル未読。
 ひきこまりって何だ?と思えば、ヒロイン名がテラコマリなのね。
 ちびっこ金髪美少女だと、声は釘宮理恵を想定してしまう一昔前の感性(失礼な言い草)。
 タイトルからは『となりの吸血鬼さん』みたいな路線を想像したが、実際は軍の部隊を率いるべき、引きこもってる場合じゃない立場。

 一話でコマリが置かれた現状と、それを乗り越えるハッタリ頼りの方策が示され、二話では、周囲の過度な評価が高まり、反則技で決闘に勝つまでが描かれた。
 基本的に、戦いなどでは死ぬことがない世界のようで、戦争もスポーツ競技のよう。
 先を急がず丁寧に描くことで、設定やキャラ同士の関係はとても分かりやすい。
 ただそのため、ここまでの面白味は「コマリの可愛さとワチャワチャしたリアクション」にのみ、集約されているような。
 何か大きな物語を期待する視聴者は、離れてしまう恐れ。
不穏な空気や、伏線らしきものは見受けられるにしても。

 一話から少々緩んだが、二話でも水準以上の作画。
コマリと異常メイドの絵が崩れては、作品の魅力が大いに損なわれると思うので、頑張ってほしい。
 しばらく視聴継続。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク