fc2ブログ

『最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。』01.「ひとりの旅へ」

 原作ライトノベル未読。
 第一話は、ほとんど主人公である少女のモノローグだけで進む。
置かれている状況や、今何を考えているかなど、他者との会話は挟まず、とにかくずーっと独り言を続ける構成。
 親にも疎まれ、村を追われるだけでなく命まで狙われているらしい彼女の、余りに孤独な心境を伝えるため……なのかな。
 挑戦的ではあるが、要するにナレーションで何もかも説明してるのと変わらず、集中力が途切れがちになってしまう。
 追っ手か、無関係な人物、せめてスライムに喋らせることで、言葉を交わさせる訳にはいかなかったのか。

 作画や演出は細やかで、異世界転生ジャンルとしては珍しいぐらい画面クオリティが高い。
 女の子も可愛く描けていると思う。
 なのに心を掴まれた!と言えないのは、この独特すぎる構成が故。
視聴者をかなり逃してしまったんじゃなかろうか。
 次回以降もこのまま進む、ということはさすがに無い……だろう。
 画面の良さに期待をつなぎ、もうちょっと視聴。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク