fc2ブログ

映画『ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密』

 WOWOWで放送された映画『ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密』を見る。
 『テルマ&ルイーズ』の脚本を手掛けたカーリー・クーリーの、初監督作品。
米でベストセラーになった本を原作にしているとか。
 サンドラ・ブロック主演。

 編集さんに勧められて見る事になった映画。
「母親と娘の長きに渡る確執」「老いた母親世代の友情」とか、内容を聞く限り、余り好みに合いそうでなく気が進まなかったのだが…
 見てみると、いやコレは面白い。
一応は、娘役であるサンドラ・ブロックが主役の位置にいるのだろうが、実際メインで描かれるのは その母親。

 「ヤァヤァ・シスターズ」って何かと思えば、母達が少女の頃に交わした、神聖で、(元になったモノはあるんだろうけど)アホっぽい儀式によって結ばれた、4人組の事。
儀式は、『赤毛のアン』でアンとダイアナが結んだ、生涯の友情の誓い、みたいなもの。
 この娘達が、良家の子女っぽいのに若い頃はダメダメで、歳を取った今でもダメダメ。
言いたいこと言うし やりたい事やるし、「年甲斐とか無いなあ」と思いつつ、見ていて実に爽快。

 サンドラ・ブロック母が抱える、娘にずっと隠してきた過去。
それが明かされていく事で、母娘の感情のすれ違いは、次第に解けていく。
 うーん、その事情は、大仰なドラマを見慣れた目には「そんな大した過去じゃないじゃん」だけど、それだけにリアルであり、人によっては身に詰まされる話だろう。

 この映画を楽しくしてくれるのは、お母ちゃん四人の熱い友情。
 『スタンド・バイ・ミー』に似ているような気はするけど、アレは「あの頃のような友達は、もう二度と出来ない」で、成長し、別れ別れになり、自分の家族を背負って生きていく男達の思い出話だった。
 コチラは、「あの頃の友達とは、かなり年取った今も友達です」って訳で、夫が居ようが子供が居ようが、友達が困っている、と聞けば投げ打って駆けつけてしまう。
 ぬけぬけとして、馬鹿馬鹿しくて、気持ち良い。

 そういえば自分の親子関係は恵まれていたか、不幸だったか、振り返る機会を持たせてくれるという意味でも、人生で一度ぐらいは見ておいて良い映画。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク