オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『かみちゅ!』04.「地球の危機」

 ゆりえ、いつの間にそんなに有名な、日本政府御用達のような神様になったんだ?
依頼そのものは妙な使い魔トリオが取ってきたのだとしても、ゆりえの力を確認もせず「神様」だというだけで交渉を任せるものなのか、宇宙人ばかりでなく「神様」だって研究対象として価値があるものではないか。
 総理が神様協会に相談した所、ゆりえが斡旋されて来、不安ではあったが これまで完璧に依頼に応えてくれた協会を信用して…とか。
 彼女を実験材料にしないのは、怒らせるとコワイ協会のせいかも知れないし、八百万の神への敬意がある日本ならではの対応かも。
これまで何度か神様になった人間を解剖(!)してみたけど、どう調べても普通の人間でしかなく、力の解明が全く出来ないため、諦めたのだったり。

 どうせアメリカに渡すなら、ゆりえを宇宙人と接触させる意味は特に無いような。
 ふわふわとし過ぎていて、あと少し締めた方が全体に面白くなったのでは…と思ってしまう。
 余りにも無責任な総理の態度、教科書で習ったばかりのような ゆりえ棒読みの専守防衛の言葉に行動をためらう自衛隊、など、キュッと締まった、現実とも接するような面白い所も多々あったのだけれど。

 ゆりえは、風使いの神様なのかと思ったが、お札に書いた文句を現実にする力も持っているらしい。
神様はみんな お札能力を持っている?
 三枚に限定された お札を使い、窮地を切り抜けていく、昔話「三枚のお札」そのままの形式を用いたアイディアが面白い。

 理詰めで組み立てた、というよりは行き当たりばったり勢いで押し切るコメディーなので、好みに合う・合わないで評価が大きく違ってくるだろう。
 個人的には、引っ掛かる所もあるけど、面白い事は間違いない。
 それで…宇宙にまでスケールを広げて馬鹿話をやってしまった、この後は、何を見せてくれるんだろう?
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『奥さまは魔法少女』04.「夕立は危険よ、ということ」 | HOME | 『わがまま☆フェアリーミルモでポン! ちゃあみんぐ』「おもろいマンガの描き方!!」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |