FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

映画『インランド・エンパイア』

 WOWOWで放送された映画『インランド・エンパイア』を見る。
 デヴィッド・リンチ監督。

 難解な監督の作品中でも、これはより一層分かり辛い、と言われていたので構えて見たが、いや、そんなに分かり辛くない。
 ある女の過去と現在を、現実と夢想と妄想を交えて描く作品。
現実の部分が分かれば、後はその流れから、何を言わんとしているのか理解できなくもないだろう。
 …と思いつつ見終えて、ストーリーを頭の中で再構成しようとしてみると、途端によく分からなくなる。
感覚的には「分かったような気がする」んだけど、特に細部やらシーンごとの繋がりを把握するのは、難しい。

 挟み込まれる「ウサギさん一家」の解釈とか、どうとでも取れすぎて、確定不可能。
 そういう「分かったような分からないような」描写と、異様でありショッキングな映像を用い、見る者を迷宮の奥深く誘い込んで迷子にさせるのが、映画としての狙いなんだろうな。

 こういう傾向のモノばかりになってしまったら、映画を見るのがメンドくさくなってしまいそうだけど、色々な意味でそうそう・誰にでも作れるはずがなく、たまに見る分には、思考的刺激や映画鑑賞による疲労を感じる「楽しさ」を味あわせてくれる、なかなか希有な作品だと思える。
 何度か見れば、もうちょっと内容を理解できるかも知れないんだけど、「分かったような分からないような」で置いておくのもまた良かろうか。
スポンサーサイト




映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ひだまりスケッチ×365』最終13話.「おかえり…うめ先生」 | HOME | 『魔法遣いに大切なこと 夏のソラ』最終12話.「夏のソラ」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |