FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『鉄腕バーディーDECODE』12.「DOOMS DAY」最終13話.「Stand by Me」

 12話。
 リュンカの発動により、東京を大惨事が襲う。
 最終話を控えた物語の盛り上げ方が素晴らしく上手く、驚くぐらい呆気なく塊となり崩れて死んでしまう(本人も自分がどうなったのか気付かないままの最期だったろう)シャマランから始まり、あるべき所に人の姿がなくカラッポの服だけが残る、街の異様な姿を見せて「恐ろしい事態が進行中」と感じさせる演出に、トリハダ。
 そこに、連邦の超兵器による攻撃が。
敵のバリヤーで弾かれたとはいえ、まだ無事だった人々が その爆発に巻き込まれて命を落とし、しかし連邦はそれら被害を気にする様子などなく、より強力で人類にとっては致命的な次の一撃の発射を決定する。
 この辺りもゾワゾワする恐ろしさで破滅のカタルシスに満ち、魂をグワッと掴まれてしまう。

 既に亡いシャマランの「神」を気取るような放送と、並行して描かれるカタストロフ。
 残った最後の希望・バーディーと、小夜香を助けようと走り出す つとむ。
 とにかく見る側の気持ちを高揚させてくれる上手い演出が連続し、平均してレベルが高いこのアニメの中でも屈指の名エピソードだなあ、と思えば、絵コンテは『カウボーイビバップ』の渡辺信一郎。
ああ、納得。

 最終話。
 小夜香を救う ただ一つの方法。
リュンカを自分の中に受け入れる…それを躊躇いなく実行する つとむ。
 楽しい思い出のデートで、初めて交わしたキスと重なるシーンの作り方に、またトリハダ。
 無敵の力を持たない、「人間」である自分の勇気と愛情を力に換え、行動する つとむの姿に、バーディーと彼を別れさせた意味を強く感じる。
 バーディーの一撃による つとむの悲惨な死と、共生による復活。
最初の切っ掛けとなった事件を繰り返す、納得の展開。
 実に、巧い。

 このアニメは、つとむと小夜香、二人による小さな恋の誕生から悲劇の幕切れまでを描くもの…と思ってきたけれど、意外にもコミカルに、ちょっと切なくも心救われるエンディングを迎えた。
それはそれで、素晴らしく、良し。
 リュンカが存在しなければ、そもそも無かったはずの恋。
つとむは、リュンカに感謝すべきか、呪うべきか。

 リュンカを受け入れる際見せた、つとむ一世一代の告白には、もうちょっと軽いアニメなら異形生物といえど心動かされていたかも。
 バーディーと共生する つとむと、リュンカと共にある小夜香。
このままで、良いカップルになれた可能性があるんだけど。
「リュンカも小夜香も争って表面に昇ってこようとし、つとむを奪い合う」
「バーディーは、まだリュンカを危険視して警戒」
「つとむ=バーディーの危機には、リュンカが『私のカレに何するのよ!』と戦闘参入」
…って感じの「萌え」度合いが強いアニメにも出来たのでは。
 それで面白いかどうかはともかく。

 本当は、つとむを好きだったのは小夜香でなく、最初からリュンカ(その一部?)だったのかも。
つとむのような「二人が一つの体に共生型」じゃなくて、彼女が『ウルトラマン』ハヤタのような形なら(いや、ハヤタは記憶を失わされただけか)。
 破壊を望んだリュンカだが、初めて自分を受け容れてくれると言ったつとむに惹かれ、危険は分かりつつも彼の方に移っていった…と考えると、もう一つ悲劇の物語があったような…いや、大分 強引な解釈(^_^;)。

 「リュンカ事件」は終わったけれど、まだ地球の脅威は去った訳でなく、バーディーも残ったのだから、当然 続編が考えられる終わり方だと思う。
 唯一引っ掛かるのは、「バーディーがアイドルをやっているという設定は余り意味がなかったなあ」ぐらいの、面白い作品だったので、同じスタッフが手掛けてくれるのなら、この続きを是非 見てみたい。
スポンサーサイト




アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画『ソウ4』 | HOME | 『コードギアス 反逆のルルーシュR2』最終25話.「Re;」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |