fc2ブログ

『ねぎぼうずのあさたろう』02.「出会いの宿場町」

 絶賛するようなタイプの作品ではないと思うが、物語の基本をしっかり押さえた上、キャラの個性に沿ったプラスアルファを乗せていく、とにかく堅実な作りが見易い。

 あさたろうが、ロクデナシの にきちと出会い、裏切られながらも彼を信じ抜く「男気」を見せる。
ここいらは時代劇のパターンに忠実。
 いかにも怪しい にきちを、無条件に信じる お人好し…に思えた あさたろうが、実は寝ている間も警戒心を解かず急な出来事にも的確な対応が取れる鋭さを示し、驚く。
これまで、ネギ畑で呑気に暮らしてきたはずだけど、父親から受け継いだ血なのかな。
 にきちを許すについても、あさたろうのサイフ(母親からの手紙入り)だけには手を付けなかった事から、「まだ良心が残っている」と看破させる事により、単に「お人好しのおバカさん」ではなく、「他者の内面まで見抜く洞察力を持つ」キャラとして描いている。
子供向けアニメとしては、「とにかく闇雲に信じ抜いてやる事で、相手の心を動かした」と描いても特に問題ないだろうが、そこをちょっとヒネる事で、大人の視聴に耐えられる内容に。

 あさたろうを「殺す」気持ちは そう強くないらしい悪役(オトシマエを付ければそれで良いのかな)、対決のコミカルな決着など、ソフトな部分も勿論目立つんだけど、実に、まっとうに、普通に面白い。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク