オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『ゲゲゲの鬼太郎』81.「決闘!妖怪ハンター対針女」

 悪い妖怪女と、ハンター爺さんの激闘。
 針で相手の影を縫い止め、攻撃してくる針女。
影を晒すまいと常に日陰となる谷間に小屋を造り、唯一対抗できる武器・その針を原料とする砲弾を鋳造する爺さん。
 奪い取った爺さんの片腕影を怒りに任せ責め立てる針女、その痛みに耐えつつ、それがあるから女の気配を感じ取れるという爺さん。
 勝利を確信した針女に対し、決戦で見せる鬼太郎の機転、全てを賭けた爺さんの一撃による逆転のカタルシス。
 「悪い妖怪をやっつけたぞ!これで山も平和になる」だけに終わらない、針女の涙、相手への敬意さえ感じさせる爺さんの言葉。

 死力を尽くす双方の戦いが、アイディアを込めて描かれ、鬼太郎を圧倒するキャラクター性を持つ爺さんの魅力(人間だけど妖怪四十七士に入れて構わないぐらい強烈)、狩り・狩られる人間と妖怪の不思議な絆が相まって、見応えのある、面白い内容になっていた。
 こういう話があるから、『鬼太郎』は見逃せない。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画『シッコ SiCKO』 | HOME | 『機動戦士ガンダム00 2nd season』05.「故国燃ゆ」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |