オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『鉄のラインバレル』06.「明るい夜」

 主人公の心が、友達の死で一度ポッキリ折れ、随分と扱いやすくなった。
組織の有り様や敵の正体、ラインバレルとは結局何なのか、等々まだ納得できない部分はあろうかと思うのに、素直にJUDA入り、馬鹿馬鹿しい隠し芸大会にさえ前向き。
 ただ、思い込みが激しいダメ人間故の暴走ぶりや危うさ、裏返しのダークサイド全開的強さこそ、浩一の特性だと思ってきたので、そこいらが無くなり、大人しくなってしまうと、「普通」すぎて物足りないかも。

 今回は、息抜きの無駄話、という所。
レギュラーキャラの性格付けは、お陰でかなり分かりやすくなった…のかな。
普段の顔とは違う面を見せたのだろうから、次回以降の通常話を見るのに、余計混乱させられた部分もあるような気はするが。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画『キングダム 見えざる敵』 | HOME | 『CLANNAD AFTER STORY』06.「ずっとあなたのそばに」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |