fc2ブログ

『仮面ライダーキバ』41.「ララバイ・心を解き放て」

 クビになった健吾が、また元通り関西弁の気の良いお兄ちゃんに戻る。
 …ついていけない。
 元々こういうキャラクターであったのが、突然に傲慢で暴力的でイヤな人間になって現れ、そうなった事情について納得させてくれないまま、今回また路線が戻された。
 「作る側の都合」というモノが強く感じられると、登場人物を「ただのコマ」としか受け取れなくなり、ドラマも色褪せてしまう。

 音也と次狼らの友情?らしきものも、次狼だけならともかく他二人にそこまでの積み重ねがあったか、というのは疑問。
 名護、「常軌を逸したキャラ」から、ふざけ過ぎたシーン作りのため「馬鹿」へと地位を落としながら、時々まだ格好良く描こうとするシーンがあるのにも乗れない。

 セリフだけ、ワンシーンだけを取り出せば、十分面白かったり燃えたり出来る部分はありつつ、全体の流れで見ると どうもそれがチグハグ。
 ただ、こういった問題は平成ライダーの多くにあったもので、激走するストーリーの面白さやキャラクターが放つ強い輝きさえあれば、「細かい事」として看過して良い…ぐらいだとは思うんだけど。
現状、個人的に、愛恋沙汰の行く末にも物語の展開にも余り興味を持てていないのが、乗り切れない原因か。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク