オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『機動戦士ガンダム00 2nd season』11.「ダブルオーの声」

 全開になった00のパワーは、周囲の期待も予想も遙かに超える物だった。
 そこへ襲撃を掛けてくるアロウズ。
充分に練られたマネキンの作戦と、新型機も投入しての戦力差で、ソレスタルビーイング壊滅の危機。
 更に、整備担当おやっさんの死(死んでない)、駆り出されてオーライザーで刹那の元へと飛来する沙慈、といったお膳立てもあり、新モード登場には万全の舞台設定。

 反応速度が上がる、兵器の出力も上昇…ぐらいでは、パワーアップの見せ方として物足りないかなあ、と思っていれば、「分かり合う」空間が現出したのにビックリ。
こういった効果を予感させる伏線はあったが、「一時的に周囲の人間をニュータイプ状態にする」とは思わず。
 まだ互いを認識しての再会は後になりそう、と思われた沙慈とルイスを、ここで会わせてしまうのにも驚く。
 あそこでは、「表層意識が伝わっている」のかな。
もっと心の深い所まで分かり合えたなら、互いが今居る状況を理解できたろうに(それはオリジナルのニュータイプでも難しかったか)。

 今回戦死した、奥さんをカタロンのテロで殺された大尉。
彼の心の声や痛みが伝わってきたなら、「彼を殺す」戦いの継続は出来たんだろうか。
…刹那なら、やるかな。
 この効果は、今後の戦いにおいて有利な特異性になる?
どうも、やりづらくしかならないような。
調整不足による一時的な現象、という事で、いずれ発現しなくなるとか。
 もっと広く・深く人同士の心が繋がり合うようになれば、ソレスタルビーイングの方法論とはまるで違う形で戦いが終わり、リボンズらの目的に合致する未来が開けるのかも。
いや、より根深く解決不可能な、人と人の間にある問題が、ハッキリ見えてきてしまうだけなのかな。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『あかね色に染まる坂』最終12話.「あかね色に染まる坂」 | HOME | 『仮面ライダーキバ』43.「結婚行進曲・別れの時」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |