オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『あかね色に染まる坂』最終12話.「あかね色に染まる坂」

 どういう事態になって終わるのかと思えば、順当に、というか、驚いた事にと言うべきか、実の妹エンド。
 正当なヒロインとなるはずの優姫が、兄妹の間に恋愛感情を結ぶ事について、「そんな事ぐらい」扱いしていたので、こうなるのは必然だったのかな。
 それでも、主人公のオヤジが妹について「何か」重要な事項を伝えようとしており、内容は結局分からなかったモノの、「実は血の繋がらない妹」という真相だと想像すれば、特に変わった事のない、割合フツーの終わり方だと理解も出来ようか。
主人公両親は異常な・常識的には有り得ない状況に身を置いており、そこからすると「妹」の設定をSFとかファンタジー寄りにして、結ばれて問題のない関係にしてしまう事も可能。

 いや、個人的には兄妹で恋愛関係を構築しても特に問題とは思わないんだけど。
禁忌から自由になってしまったからか、恐ろしく積極的になり、兄に性的関係を迫る(としか思えない)妹、というのも個人的には楽しいが、一般的視聴者からは どうだったのかなあ、と。

 結局 選ばれない優姫、可哀想。
ライバルである湊が、「主人公の実妹である」という以外、争奪戦におけるマイナス要素を設定されていない万能・完璧キャラであったから、仕方ないのだが。
それでも諦めきれず既に敗れた戦場へと帰ってきてしまうのは、未練か、これまでより強く・前向きになったという事なのか。
 色々と不明な所が残る終わり方ではあったが、「常識を越えて互いの気持ちを確かめ合う兄妹の物語」としてキレイにまとまっていると思え、後味は悪くない。
 作画に冴えない部分が多かったのは残念だけど、気負わず楽に見ていられる作品だった。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『かんなぎ』12.「ほんとうにエフェメラル」 | HOME | 『機動戦士ガンダム00 2nd season』11.「ダブルオーの声」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |